渋屋 隆一のプロフィール

名前:渋屋 隆一(しぶや りゅういち)

マーケティングとITを得意とする経営コンサルタント。
経済産業省登録 中小企業診断士、情報処理技術者。

私のビジョン:「経営者が挑戦し続ける社会の実現」

「経営者が挑戦し続ける社会を実現すること」

そのためには、まずは経営者が「安心」して経営できるようにすること。
悩みを真摯に聴くスタイルを目指しているのは、そのためです。

さらに、売れ続ける仕組みをつくることで、お金への不安を減らし、
事業と人材の育成を行っていきます。

こうした基盤が整うことで、経営者は「誇り」と「自信」を持ち、
「挑戦」できるようになると考えています。

私のポリシー

  • 「教える」よりも、「聴く」ことを大切に
  • 戦略から、現場の行動計画まで、一貫した支援
  • 一過性の成長ではなく、持続的に良くなっていく経営を

専門分野

専門分野はマーケティングとIT(情報通信)です。
以下の支援を中心に行っています。

  • 売れる仕組み・組織づくり
  • 商品企画・開発
  • Web/メールマーケティング
  • クラウドサービスを使った業務改善
  • 人材育成

得意なことは、コツコツと継続すること。
士業・コンサルタントの独立や、趣味のランニング・トライアスロンなどを綴った
ブログを、2012年2月4日より毎日更新。
現在、毎日の情報発信ははメルマガ「経営は100種競技!」へ引き継ぎ、2,300日以上、毎日情報発信をし続けています。

 

主なサービス内容

(メニューは現在、改定中です。表示されているものは、現在も利用できるサービスです。)

  • コンサルティング
    上から目線で押し付けるのではなく、「聴く」ことを主とするコンサルティングを心がけています。
  • 研修講師・講演
    コンサルタントとして企業に入り込んでいるからこそできる、実践的な研修・講演を提供しております。
  • 経営塾 「トライアスロン経営塾」
    経営者・次期経営者を中心に、経営塾を行っています。

 

ごあいさつ

スモールビジネスの経営をもっと面白くしたい!
私の活動の根底には、そういう想いがあります。

大企業で過ごした10数年間、様々な経験をさせていただきました。
今の私があるのは、このときの経験があるからです。
ただ、大企業が市場を牛耳るだけの世界は、面白くありません。

世の中には、面白い技術・商品・サービスを持っている中小企業がたくさんあります。
しかし、その存在は、顧客に知られなければ意味がありません。

経営を面白くするためには、顧客に知ってもらい、喜んでもらうこと。
そのための仕組み・組織を整えることで、経営者は「誇り」や「自信」を持ち、「安心」することができます。
経営を楽しむところまでくれば、もっともっと面白い商品・サービスを提供するなど、「挑戦」することができるようになります。

中小企業には、改善できる余地がたくさんあります。
例えば、ITを少し活用するだけで、余計な仕事を減らせます。
顧客への連絡タイミングを設計するだけで、もっと売れるようになります。
まだまだ成長の余地が残されているのです。

私は社長が心の底から本当にやりたいと思っていることを、じっくり聴きます。
それが、社長自身や組織を動かす最大のエネルギーになると確信しているからです。
そのため、私は上から目線で教える・指導する、ということをしません。

できる限り、「聴く」ことを大切にしています。
私は、お客様のパートナーであり続けたいと考えています。

モットーは、「大きく考え、小さくはじめる」

 

プロフィール

横浜生まれ。学習院大学理学部卒業。

大学卒業後、最初の12年間は、大手IT企業(システムインテグレータ)にて、ITエンジニアとして活動。
専門はネットワーク、サーバ、ストレージ、仮想化などのITインフラ。

そのうち5年は管理職として、最大で約40名の組織を運営しながら、以下のような活動を行う。

  • 育成・評価が難しいエンジニアのスキル標準を策定し、
    評価制度や研修制度に活用(ITSSを自社へカスタマイズし人事と調整)
  • サービスマネジメントの考え方を元に、業務の標準化を推進し、属人的な仕事を減らし品質・スピード向上(ITILを参考に)
  • プロジェクトマネジメント体制の立ち上げ(PMBOKを中心に学ぶ)
  • 技術面・納期面などの関係で難易度の高いプロジェクトでは、自身がプロジェクトマネージャに

これらの活動を通じて、個人商店・職人の集まりであった組織を、チームとして運営できる組織に成長させた。

いくつかの顧客より指名を受けるエンジニア/プロジェクトマネージャとなりつつも、
個々のエンジニアが自身の能力を最大限発揮できるチームづくりを目指す。

お客様に対して、より経営視点での提案をするため、
また、マネージャとしての自己を成長させるため、中小企業診断士の資格を取得する。(2012年登録)

中小企業診断士の勉強を通じて、マーケティングの面白さに惹かれ、マーケティング部門へと異動。
4年間、欧米主要メーカの戦略や新技術のトレンドを追いつつ、商品・サービスの企画やマーケティングを行う。
この間も管理職として、5~8名のチームをマネジメントする。

同時に、会社に勤めながら複業として、
中小企業に対するマーケティング・ITトレンドに関するセミナー・コンサルティングを行う。
その後、独立。(2015年4月)

マーケティング・IT(情報通信)を武器としつつ、
会社員時代の12年間のエンジニア経験、9年間のマネージャー経験、4年間のマーケティング経験をフル活用し、
経営と現場をつなぐためのチームづくりに踏み込むことを心がけている。

最もコアとなる特性は「Base Builder(礎を築く人)」

顧客企業の基礎となる仕組みをつくったり、それをコツコツと継続して定着、運営していくこと。
自分では、毎日ブログやメルマガを書いたり、ランニングやトライアスロンを趣味とすること。
それらは、この特性のためだと理解しています。

 

SNSアカウント

著書

【図解】コレ1枚でわかる最新ITトレンド

「これからはクラウドだ!IoTだ!」 「我が社もビッグデータの活用を!」 などと、言葉はよく聞くけど、なぜ注目されているのかわからなかったり、実態はどういうものか理解できてなかったりしませんか?
IT関連企業の方のみならず、ITを専門としない方の読者も多く、IT全体を俯瞰できるとの声をいただいています。
(韓国語版も出版されました。また増強改訂版が出版されています。)

「埋もれた数字」が利益を伸ばす 社長はデータをこう活かせ!

各部署に埋もれている「顧客、商品・製品、経費」等のありふれたデータを活かせば、会社は儲かります。
この本に書かれたデータ活用方法は特別なことではありませんが、実際に行っている会社は稀です。

通勤時間で攻める!中小企業診断士スタートアップ一問一答集

中小企業診断士試験、受験生向けの問題集です。
初学者は7科目という広い試験範囲に挫折しがちですが、まずはコンパクトな1冊で、要点をつかみましょう。

【執筆記事】NTTドコモ(Biz Solution by docomo)情報セキュリティ入門

【執筆記事】日本電信電話ユーザ協会 中小企業診断士から見たICT経営

  • Vol.75 安心して、いつでも・どこでも業務を止めない仕組みを実現(記事の概略はこちら
  • Vol.77 素早い事業の立ち上げを支えるクラウドの活用(記事の概略はこちら
  • Vol.81 予約システムが変える業務、売上向上(記事の概略はこちら
  • Vol.83 気持ちの良い“おもてなし”でお客さまから選ばれるお店へ(記事の概略はこちら
  • Vol.85 手軽な動画活用で顧客対応力アップ(記事の概略はこちら
  • Vol.87 クラウド型デジタルサイネージを使って、“おてがる”な情報発信を(記事の概略はこちら

掲載された雑誌など

  • アントレ(2017年夏号)テーマ:「私と家族の独立物語」
  • 企業診断(2016年8月号)テーマ:「ブログ × 診断士」

 

(以下、会社員時代に執筆したもの)
●働き方を変えて、売り上げを高めるために

●次世代ネットワークの姿とは?

「IT Leaders 2011年12月版 次世代ネットワークの姿」

私が書いたパートは、出版社のWeb記事で、今も読むことが出来ます。(Part2Part4
(技術的な内容です)

 

保有資格

  • 中小企業診断士
  • 情報処理技術者(ITストラテジスト、ネットワークスペシャリスト、情報セキュリティ(旧制度試験))
  • PMP(プロジェクトマネジメント・プロフェッショナル)

(その他の保有資格:過去保有を含む)

  • アジャイルソフトウェア開発技術者検定試験(レベル1)
  • CCNP(シスコ認定ネットワークプロフェッショナル)
  • シスコ認定データセンタースペシャリスト
  • CCNA(シスコ認定ネットワークアソシエイト)
  • VCP(VMware認定プロフェッショナル)
  • Linux技術者認定試験(Level 1)
  • ITIL Foundation(V2/V3)
  • MCP(マイクロソフト認定プロフェッショナル)

 

その他の属性

  • 「ITでスモールビジネスを元気にする会」主催
  • 人々の悩み(矛盾・葛藤・対立・分離)から価値観を見える化する「インサイトマップ・コーチ」(サービスはこちら
  • freee 認定アドバイザー
  • クラウドビジネスアライアンス 会員
  • ランニングチーム「Admiral」メンバー
  • トライアスロンチーム「ポセイ丼」2期生
  • 学習院大学 理学部物理学科卒業
  • 横浜生まれ(1975年)、横浜育ち

 

苦手なもの

  • 昆虫系
  • タバコ
  • 電話(仕事においても、緊急時以外は電話を取りません)

 

趣味

ランニング、トライアスロンを中心にカラダを動かすことを楽しんでいます。
トライアスロンは2015年3月からチャレンジし始めました。
健康のためだけでなく、マラソン・トライアスロンへのチャレンジを通じて、
考え方・行動への学びを得ています。

IMG_5073

(出場したフルマラソン)

  • 2013年11月3日、湘南国際マラソン
  • 2014年3月16日、古河はなももマラソン(初のサブ4達成)
  • 2014年11月23日、つくばマラソン
  • 2015年1月25日、勝田マラソン
  • 2015年3月15日、横浜マラソン
  • 2015年12月6日、湘南国際マラソン
  • 2016年2月28日、東京マラソン(初のサブ3.5達成)
  • 2016年3月13日、横浜マラソン
  • 2016年12月4日、湘南国際マラソン
  • 2017年3月12日、古河はなももマラソン
  • 2017年11月23日、大田原マラソン

(出場したトレイルランニング)

  • 2016年12月23日、東京八峰マウンテントレイル
  • 2017年4月2日、ハセツネ30K
  • 2017年11月5日、陣馬山トレイルレース
  • 2017年12月23日、東京八峰マウンテントレイル

(出場したトライアスロン)

  • 2015年3月8日、久米島トライアスロン
  • 2015年6月14日、五島長崎国際トライアスロン
  • 2015年7月12日、宮崎シーガイアトライアスロン
  • 2015年9月26日、九十九里トライアスロン
  • 2016年5月15日、横浜トライアスロン
  • 2016年6月4日、伊豆大島トライアスロン
  • 2016年6月19日、五島長崎国際トライアスロン
  • 2016年10月23日、川崎港トライアスロン in 東扇島
  • 2017年5月14日、横浜トライアスロン
  • 2017年6月11日、五島長崎国際トライアスロン
  • 2017年7月2日、福岡トライアスロン
  • 2017年8月27日、木更津トライアスロン

マラソン、トライアスロンの体験記やトレーニングについては、こちらのブログに書いています。

 

その他の趣味

  • 週末の晩ご飯で、家族で晩酌(息子はジュース)
  • 家族でトレーニング(ランニングやスイミングなど)
  • 息子のサッカー、スイミングの試合の応援

更新日:

Copyright© 経営は100種競技! , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.