人間学

私の人生を変えた人たち

人生は人との出会いによって変わります。
本との出会いで変わることもありますが、この記事では私(渋屋)が実際に会ったことにより、人生が変わったと考えている人たちを時系列でご紹介します。

<スポンサードリンク>



平成進化論、鮒谷 周史さん

1人目はビジネスメルマガ『平成進化論』の鮒谷 周史さん。
メルマガを読み始めたのは、もう記録が残っていないのですが、おそらく2007年頃ではないかと。

このメルマガでは、表面上のビジネステクニックではなく、思考→行動→結果というように、まずは私たちの思考を正すことから教えて頂いています。私が最も影響を受けたのは、以下の2点です。

  • 自分の人生を真剣に考えるようになった
  • 鮒谷さんを通じて出会った人たちとのつながり

鮒谷さんに直接お会いしたのは、2012年4月のゴールデンウィーク。
もっと早くお会いしたかったのですが、2011年の中小企業診断士受験が終わるまで、グッと我慢していました。

最初にお会いした3日間セミナーを皮切りに、各種セミナー、セミナー音源、個別コンサルティング、年間プログラムと様々なところでお世話になっています。

ちなみに私が毎日、ネットで情報発信をしているのも鮒谷さんの影響です。私は今日で2,779日連続発信していますが、鮒谷さんは昨日で5,844日。言うまでもなく、差は全く縮まりません(笑)

<スポンサードリンク>



ネットコマース、斎藤 昌義さん

2人目はネットコマースの斎藤さんです。
当時は『ソリューション営業プロフェッショナル』と題して、IT業界の経営層・営業に活を入れていました。

2011年4月、マーケティング部門に異動した私は、もっとIT業界全体・IT技術全体を俯瞰的に見渡す必要性を感じました。そこで検索していて見つけたのが斎藤さんでした。

今も続いている『ITソリューション塾』に参加したことで、斎藤さんに出会うことができました。すごく可愛がっていただき、様々なことを教えて頂きました。また、『【図解】コレ1枚でわかる最新ITトレンド』の共著者として誘って頂いたことは、その後、私がフリーランスとして活動するときの信用の土台となりました。

私が斎藤さんから影響を受けたのは、主に以下の点です。

  • ITトレンド、IT業界に対する着眼点
  • フリーランスとしての影響力
  • (1周り以上年上なので)年齢を踏まえた上での、仕事と趣味を全力で楽しむ姿勢

1人社長・フリーランスとして、世にこれだけ存在感を示している人にお目にかかったのは、斎藤さんが初めてでした。先日、実に8年振りに「ITソリューション塾」を受講しました。ますます熱のこもった講義でした。

<スポンサードリンク>



EX-IT、井ノ上 陽一さん

3人目はブログ『EX-IT』を運営されている井ノ上 陽一さん。
フリーランスとして、ブロガーとして、ITを活用する人として、著者として、トライアスリートとして・・と書ききれないほど、多面的に影響を受けています。

初めてお目にかかったのは2012年の6月21日。
1人目に挙げた鮒谷さんのセミナー卒業生が交流する勉強会で出会ったのです。
たまたま勉強会後の懇親会で同じ席になり、その場で8月の皇居ラン(10km)レースに誘われました。

その後、井ノ上さんが立ち上げたランニングチーム「Admiral」、トライアスロンチーム「ポセイ丼」に参加しました。猛者や変人が集まっているなか、私も可愛がってもらっています。(私のトライアスロンブログには「元帥」というコードネームで登場します)

それにしても、耐久系スポーツに全く興味のなかった私がフルマラソンどころではなく、アイアンマンディスタンスのトライアスロンにまで取り組むことになろうとは。

井ノ上さんから主に影響を受けた部分は以下の通りです。

  • フリーランスとしての生き方・働き方
  • 士業(井ノ上さんは税理士です)としての業界に対する姿勢
  • 常に新しいことに取り組んでいること

井ノ上さんとの出会いが直接的なキッカケで、独立を志しましたし、マラソン・トライアスロンを始めたのも井ノ上さんがキッカケです。
直接的には一番、人生を変えられたお方と言って良いでしょう(笑)

本当はもう数人ご紹介するつもりだったのですが、長くなるのでこの辺にしておこうと思います。

これから独立・起業される方は、誰に・どういう理由で影響を受けたのか?を整理すると、自分の人生観・価値観が洗い出せると思います。もちろん、書籍でも結構です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メルマガ『経営は100種競技!』を毎日配信しています。
マーケティングやITを身につけたい。
ビジネスを楽しみたい。
変化・成長したいというビジネスパーソンにお読みいただいています。