IT・システム全般

今の仕事・役割にITを絡ませて、組織全体でITを活用していく

30名程度までの中小企業で、ITを活用していくための体制とは?
今回の記事では現場のIT体制について考えていきます。

<スポンサードリンク>



IT推進の柱となるIT企画人材とITサービス提供人材

ITに関わる仕事は大きく2種類あります。

  1. ITを活用してビジネスそのものを変革していく
  2. 新たなシステム・ツールを探し、導入・展開していく
  3. 日常の仕事をする上で利用されるITサービスの提供

1・2が「IT企画」で、3が「ITサービス提供」です。
IT企画はスモールビジネスにおいてはトップか、ナンバー2が担うのが良いでしょう。

3、特にITインフラ(パソコン・スマホ・ネットワークなど)は、担当者を決めると良いと考えています。

中小企業におけるIT体制の具体例30名程度までの一般企業における情報システム(IT)体制についてです。IT企画は経営者自身が担い、ITサービス提供は担当者を割り当てます。さらにQ&Aや障害対応は、外注を活用して、業務負荷を分散するのが理想的な体制であると考えています。...

本来の役割を追求するほどにITが必要になってくる

ただ、この2人だけにIT推進を任せるわけにはいきません

スモールビジネスでは、全員が何らかの業務を担っており、ITだけやっているわけではないからです。現場が自分達の役割を追求する結果として、IT活用が進むのが理想です。

例えば、営業が担っている販売管理。
これをITツールを使って改善するのであれば、その主担当となるのは、営業部です。

製造部門の肝となる生産管理。
これもITツールを活用するのであれば、主担当は製造部です。

経理についても同様です。
ITツールを探す・選定する・業務プロセスを改善するのは、経理部の仕事です。

各担当者には、それぞれメインの役割があります
営業であればお客様のニーズを把握し、最適な提案を行うこと。
それによって受注・売上・利益を獲得することです。

この本来役割を追求すればするほど、今の仕事のやり方のままでは問題があることが分かってきます。例えば営業担当ごとに成果のバラツキが大きい場合は、業務プロセスを標準化して、見える化するようにします。

それを元に、教育したり、商談の状況を見える化したり、マネージャーがフォローしたり。
このような活動を行っていると、必然的にIT化することや、データ活用する方向に向かいます

現場同士、組織全体で助け合っていく

このようなIT化、データ活用は、好きな人とそうでない人が居るでしょう。
人間、得意不得意があるのが当然ですので。
中にはITが苦手で、関わりたくないという人もいるでしょう。

ですから、得意な人が、その部門を引っ張っていくリーダーシップを発揮します。
(余談ですが、リーダーシップはマネージャーだけが発揮するものではなく、組織全員が発揮するものです)

と同時に、なぜIT活用していくのか?経営者も現場と積極的に対話します。
スモールビジネスだからこそ、お互いを理解できるまで、じっくりやれるはずです。

苦手な人を放置するのではなく、声を聴いて、より良いIT環境をつくっていく
みんなが取り組めるように、組織を変えていくことが大切だと感じています。

人数が少ないスモールビジネスだからこそ、全員でIT活用していく組織づくりを目指しましょう。小さな組織こそ、実は成果も早く得られます。

中小企業ほど、デジタル変革を進めやすい大企業よりも中小企業の方がデジタル変革(DX)・IT活用に優位です。負債となる古いシステムが少ない。意思決定速度が早い。トップが現場・市場に近いからです。一方でITに強い人材不足が弱みでもあります。外部から知見を借りつつ、強みを活かして組織を変えていきましょう。...
まとめ
  • 本来の役割を追求するほど、ITは取り組むテーマになる
  • IT企画人材(経営者)、ITサービス提供人材(IT担当)だけに頼らない
  • 現場と上記2名が協力して、組織全体でITを活用していく



【編集後記】
5月にトレーニング負荷を高めたので、今週はレスト週です。
昨日は眠すぎて、予定していた軽めのトレーニングも中止、早々に寝ました。


メルマガ『経営は100種競技!』を毎日配信しています。
マーケティングやITを身につけたい。
ビジネスを楽しみたい。
変化・成長したいというビジネスパーソンにお読みいただいています。

渋屋 隆一
プロフィール
マーケティングとIT、そしてデータを使った「売れ続ける仕組みづくり」「業務改善」が得意。コンサルティングや研修・セミナーで中小企業の経営支援をしています。元IT企業でエンジニア→マーケティング。中小企業診断士。
\ Follow me /