IT・システム全般

経営するなら覚えておきたいIT用語(クラウド・URL)

経営なら覚えておきたいIT用語、第2弾です。
第1弾では、IPアドレス・ホスト名・DNSについて解説しました。

経営するなら覚えておきたいIT用語(IPアドレス・ホスト名・DNS)事業を行うのに知っておきたいIT用語。「必要なのは分かっているけど、ハードルが高そう」と思っていませんか?この記事では、IPアドレス・ホスト名・DNSについて解説しました。独立・起業を考えている方は必見です。...

今回は「クラウド」と「URL」です。

<スポンサードリンク>



「クラウド」とは何か?

「クラウド」とは、パソコンにソフトウェアをインストールせずとも使えるソフトウェアです。
ブラウザだけで利用したり、スマホにアプリを入れたりして利用します。
ざっくりすぎる解説ですが、こう覚えておいて、ほぼ問題ありません。

ブラウザで利用するので、データはパソコンには残りません。
インターネットでつながっている「向こう側」にデータがあります。
アプリケーションも向こう側です。

  • パソコンにソフトウェアをインストールする必要がない
  • データもパソコンに残らない(ダウンロードは必要に応じてできることが多い)

という特徴がありますので、

  • パソコンやスマホを入れ替えても、ログインするだけで使える
  • ソフトウェアが自然と新しくなるので、インストールし直しが発生しない
  • データが残らないので、パソコンやスマホを落としても情報漏えいしにくい
  • 同じくデータが残らないので、ディスク容量を圧迫しない

というメリットがあります。

スモールビジネスで良く使われているクラウドは、以下のようなものです。

  • GoogleカレンダーやスプレッドシートなどのG Suite
  • クラウドストレージであるGoogle Drive・Dropbox
  • 会計ソフトのマネーフォワードクラウド会計やfreee

この数年、ツールの「クラウド化」が劇的に進みました。
フリーランスの多くが、いつでもどこでも働けるスタイルを実現できているのは、
持ち歩くパソコンやスマホで仕事ができてしまうからです。

「URL」とは何か?

URLは「ユーアールエル」と呼びます。
ブラウザを使って、どこかのページを見るときに入力するものです。

このブログのURLは「https://100athlon.com」 です。

「100athlon.com」というホストに、「https」というプロトコルでアクセスしてね、という意味です。

ホスト名は、前回の記事をご覧下さい。
プロトコルは現時点では忘れておきましょう。

このようにホスト名とプロトコルの情報を含んだのがURLです。
(他にも含んでいますが、ここでは割愛)

クラウドを利用するときには、ブラウザでURLを入力して、利用するツールにアクセスします。
後述しますが、スモールビジネスで使うツールは、クラウドが基本です。
そのため、URLという単語を使う頻度も増えます。

また、SNSのアカウント情報もURLで表現されます。
例えば、私のTwitterアカウントはこちらです。
https://twitter.com/giraffe_duck

FacebookページのURLはこちらです。
https://www.facebook.com/chiisaku.hajimeru/

このようにURLは名刺のように使われるものでもあります

<スポンサードリンク>



スモールビジネスのITツールは「クラウド一択」

スモールビジネスにおいて、ITツールを選ぶときは、基本的にクラウドを選びましょう
パソコンやスマホさえあれば、どこでも使えるのがクラウドの特長です。

「会計ソフトは会社のパソコンにしか入ってないから、今は情報が分かりません。」
というような状態は悲劇です。
そのパソコンが壊れた瞬間に、会計データを失うリスクがあります。

クラウドを選ぶ最大のメリットは、すぐ始められること。
アカウントをつくった瞬間から使えますから、試すことができるのです。
一括購入でなく、月額払いが多いのも、導入のハードルを下げています。

なお、パソコンやサーバーにインストールする従来のタイプを、
クラウドと対比して「オンプレミス」と呼びます。(略してオンプレ)
よほどの理由がない限り、スモールビジネスでオンプレミスを選ぶ意味はありません。
オンプレミスを勧めてくるIT企業がいたら、怪しんだ方が良いくらいです。

クラウドのメリットを活かして、ビジネスをフットワーク軽くしましょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メルマガ『経営は100種競技!』を毎日配信しています。
マーケティングやITを身につけたい。
ビジネスを楽しみたい。
変化・成長したいというビジネスパーソンにお読みいただいています。