業務プロセス

企業経営の基本と業務プロセスの関係

「業務プロセスを改善する」とか、「ITを活用してデジタル化」とか言われても、何のことだか良く分からない。

そのような経営者の悩みを良く聞きます。

物事に取り組むには、目の前の問題を解決していくアプローチと、全体像を把握していくアプローチがあります。この記事では、企業経営の全体像を把握しつつ、業務プロセスとどのように関係していくのかを解説します。

<スポンサードリンク>



企業経営の基本

業界や業種に関わらず、企業経営には基本があります。

  1. 市場から何か(人・モノ・カネ・情報など)を調達してくる
  2. 調達してきたものに、付加価値をつける
  3. お客様に提供する

製造業、流通業、金融業、情報サービス業など、どれにも当てはまります。
ちなみに、図中の矢印と逆方向に流れているのが「お金」です。
お客様→自社→仕入先とお金が流れていきますね。

もう少し詳細を知りたい方は、こちらの記事をどうぞ!

業界・業種に関わらない、企業経営(企業活動)の全体像業界・業種に関わらない企業経営の本質とは?経営者は他業界からも学べるように、経営とは何か?を抽象度を上げて考える必要があります。この記事では、あらゆる企業における経営に共通している全体像をご紹介します。より高い視点から経営を見直したい方は、要チェックです。...

経営者が把握すべき業務プロセス

このように企業経営には流れがあります。

  1. 調達する
  2. 付加価値をつける
  3. お客様に提供する

という流れです。

余談ですが経営者は、以下のようなことに、常に頭を悩ませていることでしょう。

  • 何をどれくらい調達するのか?(例:社員は何人雇うのが適切か)
  • 自社が付加できる価値とは何なのか?
  • お客様は誰なのか?何を望んでいるのか?

これこそが経営戦略であり、マーケティングで最も大切なことでもあります。

この流れが全体としてスムーズに流れるようにすること。
これが経営者が持たなければならない、企業全体の業務プロセスの視点です。

調達→付加価値→顧客への提供

この全体視点を持たないままに、現場主導だけで業務改善を行うと、「部分最適」が起きてしまいます。例えば、営業部門が自分たちの負担を減らすために改善を行ったら、請求や入金確認を行う経理部門の負担が増大してしまった・・などというパターンです。

もちろん、現場主導で業務改善を行うことは素晴らしいのですが、同時に経営者が目を光らせておかないと、このように部分最適が起きてしまいます。経営者は全体として最適化できているのか?言葉を変えると、調達→付加価値→顧客への提供がスムーズに流れているか?という視点で、業務プロセス(=業務の流れ)を確認しましょう。

業務プロセスとは何か?

業務プロセスは目的を達成するための手順の集まりです。

業務プロセス(ビジネスプロセス)とは何か?業務プロセスの見える化とか生産性向上とか、色々と言われています。AIだRPAだと騒がれている現実もありますが、まずは自社の業務プロセスに正面から向き合うことが、本当のスタートです。では、業務プロセスとは何なのでしょう?その特徴や忘れてはならないことをご紹介します。...

原材料を調達すると言っても、実際には細かな手順があります。
例えば、以下のような手順です。

  1. 在庫量の確認を行う
  2. 安全在庫量を下回ったなど、何らかの条件を満たしたら発注する
  3. 発注に必要な情報を記入・入力する
  4. 発注先に連絡する
  5. 見積をもらって、納期や金額を確認する
  6. 注文する
  7. 納品される
  8. 納品物の確認
  9. 支払い

製造担当や購買、経理など、複数の担当者をまたいで、これらの手順が実施されることも少なくありません。

これら個々の手順を整理していくことは、もちろん大切です。
ただ、それと同時に、部分最適にならないよう、経営者は全体最適の視点で、この手順を改善するようにしましょう。

この全体視点を持った上で、「業務プロセスの改善」や、その具体的な手法として「ITを活用したデジタル化」を行っていくことになります。

まとめ
  • 企業経営の基本は、調達→付加価値→顧客への提供
  • 経営者は、この全体の流れがスムーズに流れるようにチェックする
  • 現場での改善は素晴らしいものの、部分最適にならないよう注意が必要

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メルマガ『経営は100種競技!』を毎日配信しています。
マーケティングやITを身につけたい。
ビジネスを楽しみたい。
変化・成長したいというビジネスパーソンにお読みいただいています。

渋屋 隆一
プロフィール
マーケティングとIT、そしてデータを使った「売れ続ける仕組みづくり」「業務改善」が得意。コンサルティングや研修・セミナーで中小企業の経営支援をしています。元IT企業でエンジニア→マーケティング。中小企業診断士。
\ Follow me /