IT・システム全般

中小企業こそITを使えなければならない理由

私は中小企業こそ、ITを使えなければならないと考えています。
多くの経営者も、「そろそろITとかデジタル苦手とは言ってられなくなってきた・・」とおぼろげに感じているのではないでしょうか。

この記事では、ITを活用することによって、経営的にどのような効果が得られるのかを整理してみました。

<スポンサードリンク>



ITを活用することで得られる効果

中小企業がITを活用することで、得られる効果は大きく以下の3つに分けられます。

人・組織

  • 優秀な人材の採用・育成
  • (情報・データに基づく)意思決定の迅速化
  • 柔軟に変化できる組織に変わるため
  • 在宅勤務(リモートワーク)への対応

かつて松下幸之助さんは「企業は人なり」と仰いました。
その本質は今も変わっていません。

現代において、人を活かし、組織を活発にするためには

  • 情報をオープンにして透明性を高めること
  • 価値ある仕事に集中できること
  • 働きやすい環境(在宅勤務・リモートワークなど)

は必須と言えます。
これらの土台となるのが、ITです。

テレワーク・リモートワークを実現するためのツール一覧今どきテレワークも自由にできない会社からは、優秀な人から去っていく傾向が強まっています。 「旧態依然」の典型例が、就業時間や働く時...

事業(ビジネス)

事業そのものについての効果です。

  • ビジネスモデルの変革(DX)
  • 付加価値の向上
  • 営業・販売力の向上
  • 事業継続性(災害・感染症)の向上

昨今、デジタルトランスフォーメーション(DX)の文字を見ない日はなくなってきました。
ざっくり言えば「IT・デジタルを前提として、ビジネスモデルそのものや業務プロセスを変革していくこと」です。

また新型コロナで痛感していますが、ITを活用することで事業継続性が飛躍的に高まります。
台風・雪などで出社が困難になったときも、地震・水害でオフィスが被災したときも、ITツールを活用できれば被害を最小限に抑えることができます。

情報システム(IT)と事業継続計画(BCP)ウイルス・台風・洪水・地震など、様々なリスクが頻発している中、中小企業も事業継続計画(BCP)を無視することはできません。中小企業庁のチェックリストを活用しつつ、BCPを策定しましょう。その際、情報システム(IT)担当者が深く関与しなければなりません。...

生産性

IT活用で最も直接的な効果が期待されるのは、生産性でしょう。

  • 生産性を高めるため
  • 業務効率化(自動化・標準化・可視化)
  • 属人的な仕事のやり方から、組織へ

生産性 = 付加価値 × 効率性

ですのが、IT活用で直接的な効果が得られるのは効率性の方です。

生産性とは「付加価値」と「効率性」の掛け算生産性を高めたいと考えつつ、やっていることは単なる労働時間削減になっていませんか?それでは組織や働く人が疲弊していくのみです。では時間削減以外にやるべきことは?この記事では、経営者が知っておきたい付加価値と業務効率の関係をお伝えします。...

付加価値を増やすのは、ビジネス(事業)そのものを変える必要があります。
(事業の方に付加価値向上が入っているのは、そのためです)

ITツールを活用して自動化するだけではありません。
その活動を通じて、業務を標準化・可視化します。
結果的に、特定の人しか分からない属人的な仕事のやり方から、組織で仕事を共有できるやり方へと変化していくことができます。

実は中小企業の方が優位

私が中小企業こそ、ITを活用すべきと考えるには2つの理由があります。

リソースが限られているから

1つは、人数・人材・お金が限られているからです。
ITツールでできる仕事は、どんどんツールに任せてコストを抑える。
そうしなければ、いつまでも忙しいまま「作業」を繰り返すだけになってしまいます。

できる限り、人間は人間にしかできない仕事を追求したいものですね。

「IT負債」が少ない

2つ目は、中小企業の方がIT活用においては優位だからです。

何10年も前の古いITシステムが残っていることが、ほぼありません。
今、多くの大企業が古いシステムの対応に追われています。

  • IT投資額の7~8割が古いシステムのメンテナンスに奪われている
  • 古いシステムを現代のシステムに置き換えるだけで年単位の時間、億単位のお金がかかる

こんなように、活用する云々の前に、負債で苦しんでいる状態なのです。

一方、スモールビジネスでは、このような古いシステムが少ない。
仮に古いシステムがあったとしても、組織が小さい分、刷新することは(大企業に比べれば)容易です。

最初から現代ITの恩恵を受けることができます。

まとめ
  • リソースの限られた中小企業こそIT活用すべき
  • 人・組織、事業、生産性が変わるから
  • IT負債のない中小企業の方が優位



【編集後記】
昨日、噂のClubHouseで初めて会話をしてみました。
ただの雑談部屋な感じでスタートしましたが、1人でも聴いて下さる方がいらっしゃると、良い意味での緊張感が生まれて良かったです。


メルマガ『経営は100種競技!』を毎日配信しています。
マーケティングやITを身につけたい。
ビジネスを楽しみたい。
変化・成長したいというビジネスパーソンにお読みいただいています。

渋屋 隆一
プロフィール
マーケティングとIT、そしてデータを使った「売れ続ける仕組みづくり」「業務改善」が得意。コンサルティングや研修・セミナーで中小企業の経営支援をしています。元IT企業でエンジニア→マーケティング。中小企業診断士。
\ Follow me /