ツール活用

クラウド推しの私が敢えてインストールしているツール

「中小企業はクラウド一択」

これは私がずっと言い続けていることです。
経営的には設備投資型のアプリケーションを導入するよりも、クラウドを活用する方が圧倒的にメリットが大きいからです。

とは言え、そんな私でも敢えてインストールしているツール類があります。
この記事では、それらをご紹介します。

<スポンサードリンク>



中小企業はクラウド一択

本ブログでは何度も書いていますが、中小企業はクラウド一択です。

  • サーバーなどの設備を持たなくて良い(初期費用や設置場所などが不要になる)
  • 使いたいときに使えて、不要になれば止められる
  • 常に最新版を利用できる
  • 運用に関する負担を大きく減らすことができる(例:バグ・脆弱性対応など)
  • 他のクラウドと連携しやすい

などなど、メリットが非常に大きいからです。

クラウドが登場した「必然」アーキテクチャ変遷からITを学ぼうシリーズ。クラウドが登場したのは、時代の流れから必然でした。端末数が増え続け、端末が多様化し、さらに設備の経費化に対応する解決策だったからです。クラウドは多くのメリットがあります。中小企業はクラウド一択、設備導入は不要です。...

例外的に設備投資しているケース

私が支援したなかで、クラウドではなく設備投資をしたこともあります。
以下のようなケースです。

ファイルサーバー(NAS)

最近、結構多いのがファイルサーバー(NAS)です。
動画やCADなど、大きなファイルを扱う企業が増えてきました。
そのような企業は、クラウドストレージではなく、NASを利用しています。

(NASのイメージ。写真はQNAPのWebサイトより)

例えば、動画を撮影して、それを編集すると新しいファイルが次々生まれていきます。
1つのファイルで 1GBを超えますから、ストレージの容量が、いくつあっても足りません。
毎回、クラウドにアップロードしていると、その間、待ち時間が発生してしまいます。

したがって、今動いているプロジェクトは、社内のNASで共有。
その案件が終わったらクラウドにアップロードする。
そんな流れの方が、スムーズに仕事ができます。
(リモートワークに対応するには、社内端末を仮想デスクトップで動かします)

ファイルサイズが特に大きい企業は、中小企業であっても、NASと端末の接続は 10Gイーサネットや Thunderbolt です。

なお、外出先からでもファイルにアクセスできないと不便です。
そういう機能を持ったNASを選びましょう。

家電量販店で売っているような個人向けのものではなく、QNAPのような企業向けのものが良いです。
1ヶ所故障したときでもデータを失わないような仕組みがあります。
NASが必要になるような企業では、データが事業の生命線ですので。

モノに紐づく端末

次は何らかのモノに紐づく端末です。

  • タブレット型のレジ
  • 機械設備の管理端末

などが該当します。

タブレット型のレジは、データはクラウドに溜まりますが、キャッシュドロワーやクレジット決済端末などと通信する必要があります。
これは設備投資型というより、クラウドとペアになって動く端末と言った方が良いでしょう。

もう1つは、機械設備の管理端末などです。
設備に紐づくものなので、これも避けられません。

その他、インストールすることが多いツール

上記のような特殊ケースではなく、一般論として、インストールすることが多いツールがあります。
以下、私が自分の端末にインストールしている(つまりクラウドではない)ツールをご紹介します。

Chrome(ブラウザ)

ブラウザがないと多くのクラウドは使えないですからね(笑)
Edgeの使い勝手はどうかな?と気にしつつ、Chromeで困っていないので引き続き使っています。

※ このブログの読者にはいらっしゃらないと思いますが、Internet Explorerの利用は、いい加減止めましょう。2022年6月15日に IE11もサポート対象外となります。
(と言いつつ、本ブログアクセスの 6~7%が Internet Explorerでした。。)

パスワード管理ツール

パスワード管理ツール(私は Bitwarden)を使っています。
サイトごとにユーザー名・パスワードを記憶してくれます。
またパスワード(乱数)を自動発行してくれるので、新しいサイトを訪問するときも便利です。

オフィススイート

マイクロソフトのオフィススイートをインストールしています。
私が良く使うのは、PowerPoint(パワーポイント)・Excel(エクセル)です。

(6月~12月の間、怒涛の勢いで作成したパワポスライド)

Googleスライド・スプレッドシートを使えばクラウドで済んでしまいます。
ただ、企業研修などは PowerPoint指定のこともあり、当面、オフィススイートは使い続けるでしょう。

コミュニケーションツール

Zoom、Slack、LINEなどです。

Zoomはカメラ・マイクを利用しますので、ツールをインストールすべきでしょう。
(デバイスに直接関与するものは、クラウドよりインストール型ソフトの方が、まだまだ便利です)
とは言え、Google Meetはブラウザだけで使えるので便利です。

Slack や LINEは、スマホだけで使えるので、必ずしもインストールする必要はありません。
ただ、長めの文章を打つときなどは、パソコンの方が速いので入れています。
(仕事中はスマホを見ないので、連絡来ても気づきにくいですし)

便利ツール類

まずはスニペットツールである「PhraseExpress」。
必須ツールです。
これがなければ、日頃の文章入力がかなり面倒になります。

私の場合、IMEへの単語登録と、以下のように使い分けています。

  • 名前や単語、挨拶などは IMEに単語登録
    (「しぶや」→「渋屋」、「あり」→「ありがとうございます。」など)
  • URLや住所、複数行に渡る長いものは PhraseExpressに登録
    (「”pro」と入力すると、「https://100athlon.com/profile/」と変換されます)

アイデアを整理するときにはマインドマップツールを使うことがあります。
今使っているのは、「X-Mind」というものです。
ただ、最近は iPadに Apple Pencilで手書きすることが増えたので、しばらく使っていません。

最後に、便利ツールというより、入れなきゃ使えなかったので「e-taxソフト」。
マイナンバーカードの読み取り機器があるので、その制御に何らかのドライバーが必要なのは分かりますが、インストールさせるツールが多すぎです。。
毎年、少しずつ改善しているので、また改善されていると良いのですが。

まとめ
  • 中小企業は基本的にクラウドを利用する
  • ただ、ファイルサイズが大きい・設備に紐づくなどの例外はあり
  • 個々の端末にもインストールするツール類は、まだある



【編集後記】
珍しくこの3日間、有酸素運動をしていません。
カラダのケアと筋トレを優先しています。


メルマガ『経営は100種競技!』を毎日配信しています。
マーケティングやITを身につけたい。
ビジネスを楽しみたい。
変化・成長したいというビジネスパーソンにお読みいただいています。

渋屋 隆一
プロフィール
マーケティングとIT、そしてデータを使った「売れ続ける仕組みづくり」「業務改善」が得意。コンサルティングや研修・セミナーで中小企業の経営支援をしています。元IT企業でエンジニア→マーケティング。中小企業診断士。
\ Follow me /