ツール活用

私がマーケティングに利用しているITツール一覧(2020年5月版)

マーケティングのデジタル化は、恐ろしい勢いで進んでいます。
「デジタル・マーケティング」などと言うと、「難しい・うちには関係ない」という声が聞こえてきます

ただ、そんな大げさなに構えるものでもないと考えています。
この記事では、フリーランスである私(渋屋)が、何を使って、どんなことをしているのかをご紹介します。

<スポンサードリンク>



顧客・案件情報管理「Zoho CRM」

どんな仕事でも、顧客や案件の管理は欠かせません
私はその管理に、Zoho CRM を活用しています。

CRM(顧客関係管理)を導入する目的・メリットとは?CRM(顧客関係管理)を導入することで得られるメリットは何でしょうか?ツールだけ導入して、失敗する企業が後を絶たないので、原点に立ち戻り...

後述するメルマガやWebフォームから登録・お問い合わせいただいたお客様も、自動的に CRM に登録しています。また、案件が発生すると、その状態(提案中・受注済みなど)を入力し、向こう数ヶ月分の売上予定を管理しています。

ちなみにこの後、Zoho社のツールがいくつも出てきますが、全部合わせて年間5万円台です(Zoho One を契約)。月額5,000円程度で、これだけのツールが使えるのですから、便利な世の中になったものです。

ホームページ・ブログ「Wordpress」

もうホームページを運営せずに事業を営むことは厳しくなってきました。
ビジネスのオンライン化が加速する今後、ホームページをつくっただけで放置している会社は、マーケティングに苦戦することが予想されます。

ネット上で存在感を示すために、情報発信を途絶えさせないオンライン時代にネット上での動きがないと、お客様から忘れ去られてしまいます。ホームページやブログ・SNSなどで情報発信することが今まで以上に必要です。計画を立て、担当を決めて、最低でも月に1度は発信しましょう。 社長自身が書くことも重要です。...

ホームぺージやブログを運営するのに最も有名なのが WordPress(ワードプレス)です。
本ブログも WordPress で運営しています。
無償ながら、機能的にも非常に優秀です。

WordPressを動かしているレンタルサーバーは、月額500円ちょっとです。

メールマーケティング「Zoho Campaigns」

私は毎日、メルマガ『経営は100種競技!』を配信しています。
その配信に使っているのが Zoho Campaigns(キャンペーン)です。

メルマガだけでなく、ステップメールを配信することもできます。
メールを開封した、URLをクリックしたなどの反応を収集して、お客様のニーズに合った情報を発信することも可能です。

その他、様々な機能がありますが、今のところメルマガ配信にだけ利用しています。

ソーシャルメディア管理「Zoho Social」

FacebookやTwitterの管理・記事投稿には、Zoho Social を利用しています。
(Instagramも投稿できますが、私はプライベートにしか活用していません)

  • 1回の記事作成で、Facebook・Twitter両方に投稿
  • ブログ記事を指定した日時に投稿
  • 定期的な投稿を繰り返す

というような使い方です。分析機能もあるので、どの投稿の反応が良かったか?なども見ています。

また、SNSで直接やり取りした方は、自動的に CRM に潜在顧客(見込み客)として取り込むようにしています。

Webフォーム「Zoho Forms」

Webフォームは、お客様に何らかの情報を入力してもらうものです。
メルマガ登録・セミナー申込・お問い合わせなどに活用しています。
このようなものです。

Webフォームは、 Googleフォームが有名です。
また、Wordpressを使っている方には、Contact Form 7というプラグインも良く使われています。

私の場合は Zohoツール間でデータを自動連携させたいので、Zoho Forms を利用しています。フォームに入力頂いたお客様にメールを自動返信するなども、この機能で行っています。

Web解析「Google アナリティクス・サーチコンソール」「Zoho PageSense・SalesIQ」

本ブログにどのようなアクセスがあるか?
全体的な視点で分析するには、Google アナリティクス とサーチコンソールを活用しています。

  • どのページにランディング(最初に訪れる)しているか?
  • どんなキーワードで検索されているか?
  • どのページに、どのくらいアクセスがあるか?

など、ブログを運営する上でのマクロな分析は、この2つのツールを活用しています。
どちらのツールも無償です。
ホームページ・ブログを運営する上で、この2つはぜひ日常的に使いたいです。

【動画セミナー】Webマーケティング(技術編)「記事を書き続けていれば、もっと読まれるようになる!」 こんな勘違いをしていませんか?ブログやコンテンツマーケティングの世界には「...

一方、ページごとのミクロな分析には、Zoho PageSense を使っています。
これは全てのページではなく、細かく分析したい特定ページに仕掛けています。

例えば、「ITはじめて活用」のページ。
サービスの説明を行い、お客様からお申込みいただくページなので重要です。

  • お客様がページのどこに注目しているか?(ヒートマップ)
  • ページの最初からどこまで読んで下さっているか?(スクロールマップ)

などを分析することができます。
例えばスクロールマップを活用することで、このページの最後にあるお申込みフォームまでたどり着くお客様は、全体の18%だということが分かっています。

お読み下さるお客様が減るごとに、色が赤から青・紺へ変わっていきます。
それによって、記事を修正した方が良い場所が分かります。

また、本ブログ上におけるお客様個々人の細かな動きを把握するには、Zoho SalesIQ を活用しています。いわゆるWebトラッキング(追跡)ツールです。ただ、さすがにそこまでやる時間はないので、たまに眺める程度です。

他にもWebチャット機能などがありますが、一度、試験的に使っただけです。

最後に

このように私の場合は、本ブログ(Wordpress)を基盤としつつ、Zoho や Googleのツールを使ってマーケティングを行っています。どのツールも複雑なことはやっておらず、基本的な使い方しかしていません。

受注後の案件管理なども含めて、ツール代としては年間6万円(月額5,000円)くらいです。これだけのことをやって6万円で済むのは、驚かれることが多いです。

デジタルマーケティングを行うのに、少なくとも金額的なハードルは随分下がってきました。一気にデジタル化することはできませんので、少しずつ慣れながら、できることを増やしていきましょう。

まとめ
  • 私(渋屋)の利用しているマーケティングツールを紹介
  • 本ブログ(Wordpress)を中心に、Zoho・Googleのツールを活用
  • 年間6万円使えば、これだけのことができる



【編集後記】
最近、息子が朝、友達と遊びに出かけてしまうので、ラジオ体操の習慣がなくなってしまいました。。


メルマガ『経営は100種競技!』を毎日配信しています。
マーケティングやITを身につけたい。
ビジネスを楽しみたい。
変化・成長したいというビジネスパーソンにお読みいただいています。

渋屋 隆一
プロフィール
マーケティングとIT、そしてデータを使った「売れ続ける仕組みづくり」「業務改善」が得意。コンサルティングや研修・セミナーで中小企業の経営支援をしています。元IT企業でエンジニア→マーケティング。中小企業診断士。
\ Follow me /