セミナー

セミナーを継続開催するための方法

セミナーを1度でも開催したことのある方から「継続して開催できない・続けられない」と相談を受けることがあります。

私自身、つい途切れてしまうこともあるのですが、できる限り継続したいですよね。
今回は私やお客様がセミナーを定期的に開催し続けるためにやっていることをご紹介します。

<スポンサードリンク>



開催するごとに負荷は下がっていく

まずやり方の前にマインドの部分です。

実はセミナー主催は、初回が最も大変です
何事もそうですが、初めてやることって大変ですよね。
自転車に乗るときも、一番重たいのは、漕ぎだすときです。

何回もやり続けていくと、明らかに慣れていきます
以下のように、楽をできる部分もあるので、余計に負荷が下がっていくのです。

  • 会議室はいつもの場所を抑えるだけ(設備面も慣れるので心配なし)
  • 過去に使った資料を変更するだけなら楽ちん
  • 当日の運営もいつも通りに
  • 人前で話をすることも、次第に慣れていく

こうやって負荷が下がっていくので、その分、集客に力を集中することができます。
あるいはセミナーのテーマ・コンテンツを新しくして、その他は変えないのも可能です。

いずれにしても、全てのパーツをゼロから揃えなければならないので、初回が一番大変なんですね。2回目以降は、パーツが揃っていくので、その分楽になっていきます。

セミナーを継続するための方法

それでは具体的なやり方に入っていきます。
特に最初の頃にやっていただきたいのは最初の2つです。

流用できるものはパーツ化する

ここまでお伝えしてきましたように、2回目以降は楽になっていきます。
逆に言うと、楽できるように仕組みをつくっていく必要があります

例えば、以下のようなものです。

  • セミナー企画~アフターフォローまでの流れをリストアップする
  • 告知ページのひな型をつくる
  • セミナー当日の持ち物リストをつくる
  • セミナーコンテンツは流用できるように保存しておく
  • お客様から頂いた意見や感想・質問を次回に活かすように仕組み化する
    (私の場合は、数日以内にはコンテンツに反映してしまいます)

こういうパーツが揃ってくるほど、楽になります。
その分、次回以降は、強化したいところに集中できるようになります。

開催し終えたら、次の日程を入れる

セミナーを開催し終えると、つい安堵してダラけてしまいがちです。
ですから、せめて次の日程を決めて、会議室を予約してしまいましょう

予約してしまったら、企画を進めざるを得なくなりますので。
「ケツカッチン効果」と呼んでます(笑)

セミナー当日に次回の案内をしてしまう

セミナー当日までに次回日程を決めておき、
「次回は〇月〇日△時からです」
とお客様に案内できるようになっておくのも良いですね。

複数のテーマでセミナー開催できるようになると、この手が効きます

第3水曜日のように予定を決める

テーマや内容によりますが、毎月開催する日を決めてしまうケースもあります。
参加頂きたいお客様の都合が良い曜日が決まっている場合には、やりやすいですね。

一方、曜日を固定してしまうと、絶対に来られない方が出てきてしまいます。
私の場合、セミナーは平日と週末の両方やりますが、それはどちらのニーズもあるからです。「平日しかいけない」「土日しか無理」と、どちらの方もいらっしゃいます。

お客様のニーズを把握するまでは、曜日をずらして開催した方が良いでしょう。

回数を多くする

もう1つ、そもそもの回数を増やしてしまう方法です。
「毎月1回は開催したい」と考えているのなら、2回開催して募集をかけてしまう。
これでうまくいったケースがあります。

仮に1回、全く申込がなかったとしても、もう1回の方が開催できますので。
ただこれも、ある程度、慣れてきてからでないと負荷が高くなって厳しいかなと思います。

セミナーの目的と成果を振り返る

そして定期的に行っていただきたいのは振り返りです。
何度か開催してみて、

  • 本当に目的に近づいているのか?
  • 成果は得られているのか?

を確認するようにしましょう。

単にセミナーを開催することが目的になっていないか?
真の目的は何だったのか?
特に担当者が変わった場合などは、この目的が希薄になりがちです。

また成果は得られているのか?
売上やバックエンド商品への誘導だけでなく、定性的な面(お客様にとって、自社にとって)も確認するようにしましょう。

繰り返しになりますが、セミナーはあくまでも手段です。
振り返りをして、改善や方向転換が必要なのであれば、適宜行っていきましょう。

そうやって修正を行って、より良いセミナーができるようになると、ますます継続しやすくなります。

  1. セミナー主催できるとビジネスに幅・深さをつくれる
  2. セミナーを開催するための全体の流れと企画
  3. セミナーの告知と集客で知っておきたいポイント
  4. セミナーでは事前入金が原則
  5. セミナー講師の「話し方」のコツ
  6. 少人数セミナー会場に必要な設備などチェックポイント
  7. 「時間が余る・足りない」を防ぐ、セミナー講師の時間管理法

次回は、セミナー終了後のアフターフォロー(質問対応・アンケート)についてです。

セミナー後のアフターフォローはどうするか(質問対応・アンケート)セミナー終了後のお客様フォローについてです。質問や対話にしっかり対応することで、満足度や転換率などが大きく変わってきます。またアンケートに関わる疑問も良くいただきます。本記事では、少人数セミナーでのお勧め・解説をご紹介します。 ...
まとめ
  • セミナーは初回が最も大変
  • 流用できるようにパーツ化することで楽になっていく
  • セミナーを終えたら、次の日程を決めて会議室を予約する



【編集後記】
またしても子どもが発熱。
滅多に体調を崩さない健康児なのですが、年明けから、どうもしっくりこないようです。
そのため昨日は夜の外出(ランニング)を諦めて、部屋でバイク練習でした。


メルマガ『経営は100種競技!』を毎日配信しています。
マーケティングやITを身につけたい。
ビジネスを楽しみたい。
変化・成長したいというビジネスパーソンにお読みいただいています。

渋屋 隆一
プロフィール
マーケティングとIT、そしてデータを使った「売れ続ける仕組みづくり」「業務改善」が得意。コンサルティングや研修・セミナーで中小企業の経営支援をしています。元IT企業でエンジニア→マーケティング。中小企業診断士。
\ Follow me /