IT・システム全般

経営するなら覚えておきたいIT用語(5Gは4Gと何が変わるのか?)

最近、良く聞くようになった「5G」とは何でしょうか?単に通信速度が速くなるだけと理解していると社会の変化を見落としてしまいがちです。

2020年頃から実現されると言われている次世代のモバイル通信技術「5G」。これは一体何でしょうか?

<スポンサードリンク>



世代と共に進化してきたモバイル通信技術

携帯電話の広がりとともに、モバイル通信技術は進化してきました。2020年頃から実現されると言われている5Gの「G」は「Generation(世代)」の略で、「第5世代」の意味です。現在の主流は4Gです。

携帯電話が出たばかりの通信技術「1G」は電話、つまり「音声」を流すための通信でした。ここを出発点に、世代の進化と共に、主要なコンテンツも変わってきました。

2Gでは主にテキスト。メールをやり取りできるようになりました。
3Gではデータ。写真を送ったりすることができるようになりました。
4Gでは動画。電車でも動画を観る人が増えました。

このような進化を遂げて、スマホで気軽に買い物ができるくらいになったのです。

つまりモバイル通信技術の進化は、単に通信速度が速くなるということではありません。それによって扱う主要コンテンツが変わることに注目しなければなりません。

なおモバイル通信技術と、その他の無線通信技術の違いは、こちらの記事で解説しています。

経営するなら覚えておきたいIT用語(5G/LTE、Wi-Fi、Bluetooth)「Wi-Fi、Bluetooth、5GやLTEなど、似たような用語が多すぎて区別付かない・・」 この記事はそんな方のためのIT用語...

5Gでの主要コンテンツは「空間」

既にスマホで動画もやり取りできるし、買い物もできます。果たしてこれ以上、私たちは何を望んでいるのでしょうか?

その答えとして有力視されているのが「空間」です。日本では「場の空気を感じる」ようなことを良く言われます。

  • スポーツをテレビで観るのと、現地で見るのは違う
  • 生のコンサートを観に行くのと、ライブ配信(動画)はやっぱり違う
  • セミナー会場で生の講義を聴くと、周りの人たちの空気と相まって「場」が生まれる

このようなことは、誰しもが経験している違いでしょう。この違いをできる限り埋めていこうとする試みが「空間そのものをデジタルデータ化して転送すること」です。

その場に居ないにも関わらず、あたかもその場にいるような臨場感を感じる。あるいは、現実空間に付随するデータを付け加えて、より価値のある空間にする。

そんな体験を提供すべく、モバイル通信技術だけでなく、VR(Virtual Reality:仮想現実)やAR(Augmented Reality:拡張現実)、MR(Mixed Reality:複合現実)などの新しいコンテンツが生まれてきています。

<スポンサードリンク>



デジタル世界がアナログ世界を飲み込んでいく

このようにして「空間」そのものがコンテンツとしてコピーされる時代になると、現実世界よりもデジタルな世界の方が膨大なデータを抱えていくことになります。

そして現実世界にいる私たちは、5Gを通じて、常にデジタル空間に接していることになります。つまり現実世界とデジタル世界の区別がつかなくなってくるのです。

成長し続けるデジタル世界が、リアル世界を飲み込んでいくデジタルな世界が成長し続けています。これは既に起きている現実です。例えばEC化が進むアメリカではECが成長する一方で小売店舗は閉店が続いています。産業構造や社会のあり方が変わってきているのです。経営者は、これらの変化を構造的に理解する必要があります。...

この記事でご紹介しましたように、既にデジタル世界が現実世界を飲み込み始めているのです。

一般消費者が現実世界とデジタル世界を意識せず使いこなすようになる未来。それが5Gがやってくる2020年以降の世界です。一般消費者が変化していく以上、B to Bのビジネスを営んでいる会社も、その変化を捉えて自らを変えていかねばなりません。

まとめ
  • モバイル通信技術は世代と共に進化している
  • 世代ごとに取り扱う主要コンテンツが変わってきている
  • 5Gで期待されるコンテンツは「空間」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メルマガ『経営は100種競技!』を毎日配信しています。
マーケティングやITを身につけたい。
ビジネスを楽しみたい。
変化・成長したいというビジネスパーソンにお読みいただいています。