データ活用

スモールビジネスで市場規模を確認・分析する方法

スモールビジネスにおいては、市場規模を確認する頻度は、そう高くありません。
大企業のように予算をかけてリサーチするのも非現実的です。

この記事では、どんなときに市場規模調査が必要になるのか?
その際、どうやって市場規模を調査するのか?をご紹介します。

<スポンサードリンク>



市場規模データが必要になるとき

日頃は市場規模データは使わない

いきなりですが、私はスモールビジネスにおいて、市場規模データは滅多に使いません。

スモールビジネスは基本的にニッチな市場を狙っています。
例えば、近隣の顧客から贔屓(ひいき)にしてもらえば十分なパン屋さんなどです。
また、その道の専門家にしか必要とされないB to Bの商品・サービスも同様です。

逆に言うと、十分にニッチ(尖りまくった)存在になりさえすれば、十分にビジネスは回ります
そのため、私は普段は、市場規模データをあまり使わないのです。

とは言え、市場規模が必要になることもあります。

他者に事業計画を説明するとき

1つ目は事業計画を他者に説明するときです。

  • 融資
  • 補助金・助成金
  • 経営革新計画

など、他者に事業計画を理解してもらわなければなりません。

新商品の企画や、新店舗を出すとき

2つ目は、新商品をつくるときや、新しい店舗を出店するときです。

実際には1つ目と関連するでしょう。
新商品をつくるために融資を受けたり、新店舗を出すために補助金を活用したりするでしょうから。

市場規模の調べ方

では、実際にどうやって市場規模を調べる方法についてです。

大企業のマーケティング部門とかはマーケットデータを購入していますが、スモールビジネスでそこまでやる必要はありません。(高くて買えないですし。。)

検索で調べる方法

ぶっちゃけ「市場規模 〇〇」で検索すれば十分です。
専門書を調べるために図書館などに行く方法もありますが、そこまでしなくとも調査できる場合がほとんどです。(ただし、日本市場データのみ)

先日、お客様のためにスポーツクラブの市場規模を調べました。

広告を除いて、上から3つの記事を見れば十分でした。
この3つの記事から、以下のことが分かりました。

  • しばらくは4,000億円規模で推移してきた
  • 2013年頃から拡大傾向になり、2018年には4,700億円を超えている
  • 施設数はさらに大きな勢いで増えている

ここまで分かれば、市場規模の把握としては十分です。

「なぜ拡大傾向に転じたのだろう?」
「施設数が増えているのはなぜ?」

という疑問を持っておくと、その後の分析が進みやすいです。

市場規模マップで調べる方法

2つ目、市場規模マップという面白いサイトを使う方法です。
タイルの大きさで市場規模が分かります。

「えっ!? あの市場、こんなにデカかったの?(小さかったの?)」が結構あります。
上図の赤丸で囲ったところをクリックすると、市場を検索することもできます。

「スポーツクラブ」で検索したら出てきませんでしたが、「フィットネスクラブ」で検索したら出てきました。こちらでは2015年で4,390億円というデータが得られました。Google検索で探した数値と、ほぼ変わらないですね。

市場規模は細かな数値が合っている必要はありません。あくまでもザックリとした基準を得るためですので、「桁が変わらなければOK」くらいで良いと考えています。(さすがに言い過ぎか・・汗)

なお、このサイトには姉妹コンテンツがあります。各業界をさらに細分化していくDrillmapなどです。

市場規模を分析する

さて、市場規模データが得られたら、目的に応じて分析をしましょう。

分析前に準備するもの

売上を構成する基本は、顧客数×顧客単価×購買回数です。
どんな目的のために分析するのかを、まずは明確にしておきましょう。

得られたのは日本市場規模のデータですから、都道府県や性別・年齢などに分割すると、新しい情報が見えてくることもあります。これらの人口統計データを準備しておきます。

なお、B to Bの場合は顧客企業数を調べるために、業界別・規模別企業数のデータなどを、別途用意しておきます。特定地域の企業数を調べたい場合は、その自治体にデータがあるかもしれません。例えば横浜市の場合は、ホームページにデータがあります。

スポーツクラブの場合

スポーツクラブの場合は施設数(建物数)が重要なデータになるはずです。
Google検索した記事によると、以下のように変化しています。

4,375軒(2014年)→5,818軒(2018年)
4,316億円(2014年)→4,786億円(2018年)

売上高の伸びは堅調(約11%増)ですが、施設数はもっと伸びていますね(約33%増)。
このことから、小規模な施設が増えているのでは?という仮説を得ることができます。

仮に1人が年間10万円使っているとすると、2014年の売上高4,316億円を10万円で割ると、約400万人くらいの人がスポーツクラブを利用しているのでは?という予想ができます。(実際に調べてみると419万人が利用していました)

上述の通り、小規模な施設が増えていると想定すると、

  • 顧客1人当たりの売上は減少傾向
  • 1つの施設での利用者数も減少傾向

という傾向が見えてきます。

つまり、より多様なニーズを叶えるべく、スポーツクラブが多様化しているのですね。
実際、まわりを見ても、以下のように細分化してきていますよね。

  • 住宅地のなかにあり、「女性だけ」「30分」「シャワーなし」(カーブス)
  • 短期間でダイエット、結果にこだわる(RIZAP)

このような分析をしつつ、「だからこういう新店舗を出店するんです」というようなストーリーを描けるようにしていきます。

最後に市場規模データの分析は、あくまでも目的があってやるものです。
無目的に分析し始めると、分析そのものを楽しんでしまい、時間を失います。
気をつけましょう。

まとめ
  • 市場規模データは、他者に事業計画を説明するときに使う
  • ネットで検索すれば、概ねの数字は出てくる(それで充分)
  • 人口統計データや産業別・規模別企業数データなどを組み合わせて分析する



【編集後記】
学校がなくて暇すぎる子供たち。
今日は2人が遊びに来ていて、そのままお泊りです。
家の中が騒がしいです。。元気があり余っているのでしょうね。


メルマガ『経営は100種競技!』を毎日配信しています。
マーケティングやITを身につけたい。
ビジネスを楽しみたい。
変化・成長したいというビジネスパーソンにお読みいただいています。