情報発信(Webマーケティング)

Webマーケティングの目的は「集客」ではない

Webマーケティングというと、「SEO(検索)で人を集めろ!」という論調が強いように感じています。

しかし、スモールビジネスにおいて、ひたすら人を集めることは良くありません。
集客よりも、「合わない人を遠ざけること」を目的にした方が良いと感じています。

<スポンサードリンク>



スモールビジネスと「集客」は相性が悪い

Webマーケティングというと

  • SEO(検索エンジン最適化)
  • SNS(Twitter、Facebook、Instagramなど)
  • WebやSNSへの広告

などによって、「ガンガン集客しましょう」という論調が強いように感じています。
SEO会社や広告会社が儲かるためには、そのようなポジショントークをせざるを得ないからでしょうか。

しかし、スモールビジネスとガンガン集客は、相性が悪いです。
(余談ですが「集客」という言葉自体に問題があるように思います。お客様を物のように扱っていますので・・)

リソース(人員や時間)の限られたスモールビジネスにとって、余計な問い合わせが増えるのは、手間が増えて辛くなるばかり。

合わない人を遠ざけることの方が大事

ですから、スモールビジネスのWebマーケティングにとっては、「合わない人を遠ざける」ことの方が大事です。

「それじゃ、受注・売上につながらないじゃないか!」

と怒られそうですが、それで良いのです。
合わない人と長く付き合わざるを得ないと、疲弊してしまいます。

大企業なら担当を変えるなどして誤魔化すことができますが、人が限られたスモールビジネスでは、そうもいきません。

と言うよりも、自社の方向性と合わない顧客がいると、ブランドが崩されます
他のお客様が見たときに「なんであんな人が居るんだ?」と。

例えば、私は日頃から経営者に「学んでください。一緒に成長しましょう」と発信しています。しかし、私のセミナーに「全部教えて下さい。言われた通りにやりますから」という経営者が参加していたら、どうでしょうか?

他の参加者から見ると「なんだ?この人は?」ですし、私に対する印象も悪化するでしょう。「日頃から言っていることと、やっていることが違うじゃないか」と。

ですから、そういう人が来ないように、情報発信しているつもりです。
合わない人を遠ざけているのです。

それでもテクニックは必要

じゃあSEOなどは一切不要なのか?というと、そんなことはありません。
ちゃんと出会いたい人に出会うためにも、SEOやSNSは必要だからです。

出会いたい人が困っていることを解決するための情報を発信する。
ただ、集客できるからと、様々なキーワードで上位を狙う施策は不要なのです。

自社が価値を提供できることを、自社と長くお付き合いしたい人に対してWebで届ける。

これを続けていくのが、スモールビジネスにおけるWebマーケティングです。

必要な人を惹きつけつつ、合わない人を遠ざける。
実は「ガンガン集客」より、よほど高度な取り組みです。

とは言え、難しく考えないで結構です。
普通の人間関係と同じです。

合わない人に迎合する必要はなく、大事にしたい人を大事にする。
そういう基本的な姿勢があれば、必要な技術は後からでも身に着けることができます。

まとめ
  • スモールビジネスとひたすら集客のWebマーケティングは相性が悪い
  • 手間もかかるし、ブランドイメージも悪化する
  • 合わない人を遠ざけつつ、必要な人と出会うマーケティングが良い



【編集後記】
昨日、久しぶりにハイペースでランニングをしてみました。
時間がなかったので、偶然そんな感じに。
おかげで今日はカラダがツラいのですが、本来、週に1回くらいは追い込まないとダメなことを痛感しました。


メルマガ『経営は100種競技!』を毎日配信しています。
マーケティングやITを身につけたい。
ビジネスを楽しみたい。
変化・成長したいというビジネスパーソンにお読みいただいています。

渋屋 隆一
プロフィール
マーケティングとIT、そしてデータを使った「売れ続ける仕組みづくり」「業務改善」が得意。コンサルティングや研修・セミナーで中小企業の経営支援をしています。元IT企業でエンジニア→マーケティング。中小企業診断士。
\ Follow me /