CRM(顧客・案件管理)

CRMにおける「見込み客」の位置付けと登録方法

前回は顧客データを活用する上で必要となる「取引先」「連絡先」「商談」の関係をお伝えしました。本記事では、さらに「見込み客」を追加します。

  1. 名刺管理から始める中小企業のデータ経営(データ活用)
  2. 名刺情報を元に、顧客データを構築しよう
  3. 顧客データ重複の悲劇と、入力時の注意点
  4. 取引・商談の履歴を取るのに必要なデータ項目と、CRM活用のメリット
  5. CRMにおける取引先・連絡先・商談の関係とルックアップ

<スポンサードリンク>



見込み客を追加するタイミングとデータ項目

これまで「取引先(組織)」「連絡先(個人)」「商談」のデータを紹介してきました。最初から「見込み客」を紹介しなかったのは、まずは既存顧客に対する改善を行い、その後に新規顧客獲得の手を打って欲しいからです。

リソースが限られた企業にとって、同時に色んなことをするのは得策ではありません。売上や利益に対するインパクトが大きい既存顧客に対するサービスレベルを向上した上で、新規顧客獲得を行った方が、マーケティング・営業効率も良くなります。

こちらの記事でも同じことを伝えています。「まずはバケツの穴をふさげ!」です。

集客の悩みの真の原因は・・新規顧客の獲得ではない前回、「売上を上げろ!」という指示は、何も言ってないのに等しいことをお伝えしました。ちゃんと現状把握をして、それに伴って売上を上げるため...

ですから、まずは「取引先」「連絡先」「商談」の3つを徹底的に活用しながら、既存顧客の流出を防げる体制をつくります。これだけで売上・利益は確実に伸びます。成果を感じて、「そろそろ新規顧客獲得も仕組み化したい」と考えたら、見込み客を追加しましょう。

見込み客のデータ項目と、見込み客から取引先・連絡先への変換

またしても私が利用している「zoho CRM」の画面です。見込み客情報の一部を表示しています。

データ項目としては、以下のようなものがあります。(一部省略)

  • 会社
  • 見込み客ステータス
  • メールアドレス
  • 電話番号
  • 携帯番号
  • WebサイトのURL
  • FAX番号
  • データ元
  • 部署
  • 職位
  • 社内担当者

既にお気づきの通り、「取引先(組織)」「連絡先(個人)」の情報が含まれています。ビジネスの流れとしては、まず見込み客を獲得して、その後、取引先・連絡先に変わっていきます。CRMの一般的な操作では、商談が発生したときに、見込み客から取引先・連絡先に変換します。商談の進捗を確認する必要があるからですね。

見込み客の画面上に「次のステップへ」というボタンがありますので、この処理をすると、見込み客データを元に、取引先と連絡先のデータが作成されます。

見込み客の取り入れ方

最初に顧客データ管理をエクセルなどの表計算ソフトで行っていた場合、ファイルを取り込む先は「取引先」「連絡先」よりも「見込み客」が良いでしょう。上述の通り、「見込み客」は、会社名から個人名までがまとまっているからです。

また、名刺を元にデータ管理していた場合、商談が発生していない名刺データも数多くあるはずです。ですから見込み客としてインポート(取り込み)した上で、商談があった会社・人を取引先や連絡先に変換する方が現実に即しています。

その他、新たに見込み客を追加する手段は色々とありますが、まずは以下を覚えておきましょう。

手動で追加

上述の画面のように1件1件、営業担当などが自分で入力していく方法です。

スマホアプリで登録

手入力は面倒くさいです。名刺をもらったらスマホアプリで自動登録する方が楽です。zohoの場合は「card scanner」というアプリがiOS/Androidにあります。単にCRMに取り込むだけでなく、その他の設定も可能です。

フォーム

この画面のような入力フォームを設置して、潜在顧客に自分で入力してもらう方法です。Web上にホワイトペーパーをダウンロードできるようにしたり、セミナーに申し込んでもらったりしたときに、自動的にCRMに見込み客として登録することができます。フォームに「データ元」を設定しておくことで、どこから獲得した見込み客なのかも、自動登録できるので、後の分析にも有効です。

その他にも、例えばホームページに設置したチャットや、SNSでやり取りが発生したら、自動的にCRMに取り込むなど、様々な方法があります。まずは基本的な上記3つの方法を活用して、見込み客情報を社内で共有できるようにしましょう。

まとめ
  • まずは既存顧客のフォローを徹底する(使うのは取引先・連絡先・商談)
  • 名刺データを追加するのは「見込み客」
  • 商談が発生したら見込み客を取引先・連絡先に変換する
  • 見込み客の登録は、手動・アプリ・Webフォームが基本

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メルマガ『経営は100種競技!』を毎日配信しています。
マーケティングやITを身につけたい。
ビジネスを楽しみたい。
変化・成長したいというビジネスパーソンにお読みいただいています。