情報発信(Webマーケティング)

ブログを書くことの楽しさを思い出すために

この1ヶ月ほど、本ブログではなく、個人ブログの方をほぼ毎日更新していました。
個人ブログの更新を通じて、フリーランスやスモールビジネスでブログを書く際に大切なことを再確認しました。

<スポンサードリンク>



自由気ままに書いて感じたこと

個人ブログの方を見て頂ければ分かりますが、まぁ、自由気ままに書いています(笑)

毎日、何らかトレーニングのことを考えて行動していますから、ネタもなくなりません。

「誰かのお役に立たなければ」とは考えていないので、リラックスして、ただ好きなことを書いています。
構成も深く考えずに日記のように書いていますので、1記事10~15分もあれば書けてしまいます。

約1ヶ月、これを続けてみてブログを書き始めた8年前のことを思い出しました。
書き続けることが、シンプルに楽しかったのです。

こちらの事業ブログでは、「お客様の役に立つ情報を!」と力み過ぎてしまっていた。
この1ヶ月、個人ブログの更新を通じて、そのことに気づいたのでした。
もっと楽しみながら書いても良いのではないか?と。

情報とは、役に立つコンテンツと自分のキャラの掛け算

フリーランスやスモールビジネスにとって、発信する「情報」とは2つの要素を含んでいます。

  1. お客様の役に立つコンテンツ
  2. 自分(自社)のキャラ

既にブランドがある大企業であれば、1 だけで済むのかもしれませんが、フリーランスやスモールビジネスの場合は特に「何を買うか?」よりも「誰から買うか?」が重要です。
そのためには、2 の自分(自社)のキャラクターや価値観を伝えることが必要です。

「情報とは、コンテンツ(縦糸)とキャラ(横糸)の織物ですよ。」

と何年も前に教わっていたのですが、ここ最近、1 に偏り過ぎていたのです。

役立つコンテンツをどうやって準備しようか?と考える余りに筆が止まっていました。
それよりは、個人ブログのように自分が楽しむ要素を 1割でも 2割でも、足した方が良さそうです。

ブログはお客様と自分のために書く

実際、私がブログやWebサイトの支援をしているお客様でも、書き続けられるかどうかの差は自分が楽しんでいるか?に尽きるように思います。

これまでの経験の差によって、元々持っているネタの数は確かに異なります。
しかし、いつかは必ずネタは尽きます。
そこから続けられるかどうかは、結局、本人が楽しんでいるかどうか。

「誰かに伝えたい」という想いを、そのまま文章にしてみる。
あるいは写真などで表現する。

仕事として発信する以上、お客様に役立つコンテンツ(縦糸)は必要です。
しかし、お客様が知りたいのはそれだけではありません。

「どんな人なんだろう?」

相手がフリーランスやスモールビジネスであるほど、不安に感じるものです。

そこで役立つのは、自分・自社のキャラや価値観です。
どんな想いで仕事に取り組んでいるのか?
どんなプライベートを過ごしているのか?

そんな記事を観ることで、お客様の不安が払しょくされるのではないでしょうか。
と同時に、そういう仕事への想いやプライベートを書くことが、書く人にとっては楽しいはずです。

お客様のためだけではなく、自分のためにも書いてみる。
特にスモールビジネスにおいては、そのような視点が大事なように思いました。

個人ブログの方が、私の本心がポロっと出やすいので(笑)
そちらも楽しんで頂けたらと思います。

まとめ
  • 情報とは、お客様に役立つコンテンツとキャラクターの掛け算
  • 特にスモールビジネスやフリーランスでは、キャラや価値観も必要
  • キャラや価値観を出すのは楽しい



【編集後記】
と言うわけで、こちらのブログもキャラを出しながら、楽しんで更新していければと思います。


メルマガ『経営は100種競技!』を毎日配信しています。
マーケティングやITを身につけたい。
ビジネスを楽しみたい。
変化・成長したいというビジネスパーソンにお読みいただいています。

渋屋 隆一
プロフィール
マーケティングとIT、そしてデータを使った「売れ続ける仕組みづくり」「業務改善」が得意。コンサルティングや研修・セミナーで中小企業の経営支援をしています。元IT企業でエンジニア→マーケティング。中小企業診断士。
\ Follow me /