仕事術

朝10時までの勝負

良く時間管理・タスク管理について聴かれます。

実は私は大したことをやっていないので、
あまり満足いただけるお答えができないのです。

とは言いつつ、少し言語化してみます。

戦闘力相応なら時間・タスク管理は不要

最初にそもそも論を。

戦闘力10の人が、仕事10を相手にするなら、
時間管理やタスク管理は不要です。
普通にやれば、普通に終わるからです。

実は多くの人が、この状態なので、
ほとんどのケースにおいては

時間管理やタスク管理の前にやるべきことが
あるのではないか?と考えています。

そもそも目標設定ができているか?など。

時間・タスク管理は、
自分の戦闘力に対して、仕事が著しく大きい場合です。
(質的に難しいとか、量が多すぎるとか)

あるいは今まで通り仕事10を相手にするのだけど、
どうしても今までより2時間早く終えたい場合など。

そういう必要性をリアルに感じてから、
時間・タスク管理をすれば良いと思っています。

朝10時までに勝負をつける

その前提で、私が時間・タスク管理で
重要視していることは、

勝負は朝10時までにつける」ことです。

その日の最も重要な仕事を
朝10時までにいったん、形にするのです。
(完成形というわけでなく、
あとは余力でも終わるくらいの状態にする)

私は毎日、朝食後の朝7時くらいから仕事に
着手しますが、
10時までの3時間で、ある程度の形にする。

ここまで集中力を高めて成果を出していれば、
あとは、ゆるゆると進めても大丈夫。
(あくまでも私の場合です)

逆に10時の時点で全く形が見えていないときは、
その日のスケジュールが後手後手にまわります。

仕事のセンターピン

つまり私にとっては10時の時点における
その日の仕事の完成度が、1つのセンターピンなのです。

朝からスタートダッシュを切れるように、
やることリストのうち、 その日にやるべきことを
前の晩にピックアップしておきます。

朝起きたら、それを粛々と進めるだけ。
10時まではセンターピンを倒すべく集中。
(と言っても息抜きにTwitterしたりしてますが)

これはあくまでも私の仕事における感覚です。

あなたにとっても、
センターピンになるような指標を設けると
仕事のスピードが上がると思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メルマガ『経営は100種競技!』を毎日配信しています。
マーケティングやITを身につけたい。
ビジネスを楽しみたい。
変化・成長したいというビジネスパーソンにお読みいただいています。