ツール活用

kintone Café 神奈川 Vol.7(kintoneに向いている業種・そうでない業務)に登壇しました

昨日は、kintone Café 神奈川 Vol.7に登壇しました。
実は運営側にも(コッソリ?)入らせてもらっているのです。

<スポンサードリンク>



kintoneに適した業務・そうでない業務

昨日のテーマは、私がアイデアを出したものが採用されました。
kintoneは、一見すると何でもできそうなツールに見えます。
それにコストを抑えるなら、できる限り多くの業務を kintoneでやった方が良いのです。

しかし、ツールである以上、得意分野・不得意分野があるはずです。
それを明確にすることで、正しい kintoneの提案ができるようになるはず。
というのが、このテーマを考えたキッカケでした。


(余談)
些細なことですが、スライドも kintone っぽい色にしてみました。
パワーポイントのスポイトの機能を使うと、Webサイトなどからも欲しい色をコピーしてこれます。

私からは、適した業務・そうでない業務を見分けるために、以下の視点を挙げてみました。

  • エクセルとの比較(エクセルにはできなくて、kintoneにできること。その逆も)
  • 会計・人事など法律によって定められている業務
  • 中小製造業での生産管理に kintoneは使える?
  • 営業・マーケティングツール(SFA/CRM/MA)との比較
  • 高度な分析をしたいとき(BIツール・エクセルとの比較)
  • 非同期・同期コミュニケーション(kintoneは非同期が前提)
  • 対象者の範囲(kintoneはクローズ、Webサイトはオープン)
  • 個人タスク管理に kintoneは使える?
  • ネット環境(オフラインでは kintoneは使えない)

最後のオフライン環境では使えないことを挙げつつ、次の松尾さんのセッションにバトンタッチしました。

なお、サイボウズさんへのお願い事項として、「5ユーザーから」の縛りを無くして欲しいと訴えました。1ユーザーからでも使いたいんです。

適宜、受講者に投げかけをして、Zoomチャットに投稿いただいた内容に絡めて話をするなど、インタラクティブなセッションとなりました。
チャットに次々と投稿いただける辺りが、kintone Caféの温かいところですよね。

Caféでは初登壇となりましたが、楽しくお話しさせて頂けました。

FileMakerは競合ではなくパートナー

続いて、「オフライン環境でもkintoneのデータを活用する方法」と題して、株式会社エミック 代表取締役の松尾さんから。
このセッションが素晴らしすぎて、先に自分のセッション終えておいて良かったな、と(笑)

オフラインで kintoneを使うソリューションを挙げた上で、FileMakerを紹介いただきました。
デモを実践して下さり、受講者からは「おぉ~!!」という反応と共に、Zoomチャットが盛り上がります。

ちなみにスライドはこちらです。

私は松尾さんのセッションを聞くまで、FileMakerを kintone の競合と理解していました。
しかし話を聴くほどに、お互いの得意分野が異なり、組み合わせることで相乗効果が見込まれるのです。

例えば、FileMakerには以下のような強みがあります。

  • Appleの子会社だけあって、iPad・iPhoneアプリの機能が豊富(写真、バーコード、署名、NFCなど)
  • 帳票印刷がきめ細やか
  • オフライン対応
  • 億単位のレコード数も捌ける(kintoneは100万レコード)

kintoneの弱いところをプラグインで埋めることもできますが、そうするとコストが膨れ上がっていきがちです。
残念ながら kintone は標準機能が弱いところがあるので、そこを FileMakerで埋めるというのは面白いアイデアだと思いました。

その後の懇親会でも、kintoneにまつわる様々なお話しを聴けて、良い学びとなりました。
kintone Café神奈川は、これから3ヶ月毎にやる方針ですので、また私も積極的に活動していきたいと思います。

まとめ
  • kintone Café神奈川に登壇しました
  • テーマは kintone に適した業務・そうでない業務
  • FileMakerとの違いを含めて理解が進みました



【編集後記】
kintone Caféの懇親会は技術的な話題が飛び交って、私には理解不能なところもありました。
ただこういう経験が次に活きると分かっているので、楽しんでいきます。


メルマガ『経営は100種競技!』を毎日配信しています。
マーケティングやITを身につけたい。
ビジネスを楽しみたい。
変化・成長したいというビジネスパーソンにお読みいただいています。

渋屋 隆一
プロフィール
マーケティングとIT、そしてデータを使った「売れ続ける仕組みづくり」「業務改善」が得意。コンサルティングや研修・セミナーで中小企業の経営支援をしています。元IT企業でエンジニア→マーケティング。中小企業診断士。
\ Follow me /