未分類

社員より上に立ちたがる社長、そのコミュニケーションに問題があります

更新日:

社長と社員のコミュニケーション。
社長の悩みトップ3に入ることではないでしょうか。

表面的には「社員が思うように働いてくれない」「もっと自主的に動いて欲しい」という悩みであっても、
その深層を掘り下げていくと、大概、コミュニケーションの問題に辿り着きます。

そんなコミュニケーションの問題ですが、
大前提として、社長の「立ち位置」が問題になっていることがあります。

 

王様になりたがる社長

社長は社長です。
「何、当たり前のことを」と言われるかもしれませんが、
社長が社長であることなんて、主張しなくても社員は分かっています。

にも関わらず、「俺(私)は社長だぞ!」という姿勢を社員に見せ付ける社長に、
幾度となくお会いしたことがあります。

社員の立場からすれば、そんな主張などしなくとも、分かりきっているのです。
なのに、無駄な主張を繰り返されることで、無理やり人の上に立とうとする姿を見て、
信頼する気も、尊敬する気も失っていきます。

なお、こういう社長は、お客様を前にすると、恐ろしく腰が低くなる特徴があります。
お客様と自分の間にも上下の関係を意識しているのです。

 

社長と社員は、横の関係

社長・社員とか、上司・部下などという「縦の関係」を無理やり作り出すことに、何の意味があるでしょうか?

確かに社員と比べると、社長の責務は重いものです。
何か事故があったとき、法的な問題が発生したとき、キャッシュが底を突いたとき、
その責任は社長の肩に重くのしかかってきます。

社員にも言えない苦しみ。
そんな話を聴くたびに、私は世の中の社長達を心から尊敬しますし、応援したくなります。

ただ、その苦しみを社員が本当に理解することは、ほとんどできないのです。
「親の心子知らず」ではありませんが、社長と社員の間には圧倒的な情報の差があります。
そして覚悟の差もあります。

社長の責任の重さ。
これは紛れもない事実ですが、だからと言って社員との間に「縦の関係」を作り出すのは、別の話でしょう。

社長と社員の関係は、役割の違いでしかありません。
そう捉えた方が、社員とのコミュニケーションは上手くいくと感じています。
コミュニケーションの上手い社長は、縦ではなく「横の関係」を社員との間に築いています。

 

社長として経営をする

では、どうやって横の関係を築くのでしょうか?
私は社長が社長としての役割を全うすることだと思っています。

  • 社長としてミッション・ビジョンを掲げる
  • 社長として戦略を描く
  • 社長としてトップ営業を行なう

etc

得意・不得意はあるでしょうが、こういったことを社員に丸投げしてはいけません。

しかし、「売上目標は昨年比20%アップで!」という戦略も何もない目標を掲げて、
(つまり頭を全く使っておらず)
あとの行動は社員任せ、というような丸投げスタイルを何度も見て来ました。

社員は恐ろしいほど、こういうところをよく見ています。
社長が社長の役割を果たしていないのに、「縦の関係」を築こうとするから、
コミュニケーションが上手くいかないのです。

社長・社員に関わらず、お互い人間同士ですから、
コミュニケーションの根底にあるのは「信頼」です。

まずは社長としての役割を果たそうとする。
もちろん、完璧である必要はありませんし、社員に意見を求めた方が良いでしょう。
ただ、あくまでも社長としての役割を全うするのは、最後は社長です。

その上で、働いてくれる社員に感謝をして、コミュニケーションをとってみましょう。

無料のメルマガに登録する

事業・組織をより良くするための経営のヒントを、無料メルマガにて配信しています。
本Web掲載前に、いち早く記事を読むことができます。またメルマガ限定のサービスも。ご登録はこちらです。

-未分類
-

Copyright© 経営は100種競技! , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.