IT・システム全般

情シス(IT)の仕事は、会社全体で役割分担すべき

前回は「ひとり情シス」のリスクについてご紹介しました。
「たった1人に任せるのは危ないかもしれない」と感じていただけたと思います。
では、10~30人程度の中小企業において、具体的にどういう体制を組めば良いのでしょうか?

<スポンサードリンク>



経営者+情シス+現場を組み合わせる

前回もお伝えしたように、情シスの仕事は多岐に渡ります。

  1. サポート・ヘルプデスク
  2. ITインフラの企画、構築、運用、保守
  3. 情報システムの企画、構築、運用、保守
  4. 業務プロセス改善
  5. 事業計画、商品・サービス企画
  6. その他

どう見ても、現場の情シス(IT)担当が1人で出来る範囲ではありません。
大企業の場合は、これらに対応するために数10~数100人からなる情報システム部門があります。専門子会社がある場合もあります。

しかし10~30人のスモールビジネスにおいては、そんな体制を組めません。
ですから経営者、情シス、現場を組み合わせて、組織全体で対応していくのです。

業務と担当の割り振り

では、具体的な業務の担当割り当てを見てみましょう。
主担当を示すと、下図のようになるでしょう。

上にあるものほど、情シス(IT)担当者の関与具合が減っていきます。
逆に言えば、上のものほど、他の人が主体的に動き、情シス(IT)担当者はサポート的な役割になっていきます。

以下、それぞれの業務における大まかな役割を補足します。

事業計画、商品・サービス企画

10~30人規模の企業では、事業計画、商品・サービス企画は経営者自身の仕事です。
ですから主体的に動くのは経営者。

むしろ「何でここに情シス(IT)担当者が関係あるの?」と疑問に思われる方がいらっしゃるかもしれません。現代では、商品・サービスの提供過程で情シス、つまりITツールが関わってきます。

商品をただつくって販売するだけではなく、

  • 顧客との接点をどうつくるか?
  • 接客でどのような印象を与えたか?
  • その後どのような交流をしたか?
  • アフターサービスはどのように評価されたか?

というように、顧客体験をトータルで管理しなければなりません
この体験全てに、ITが関わってくる可能性があります。
例えば、以下のようなものがあるでしょう。

  • ホームページやSNS(商品・サービスの発見)
  • 問い合わせ(ホームページのフォームやチャット)
  • ECサイト(商品の閲覧、購入)
  • 予約サイト(サービスの申込)
  • スマホアプリ(会員アプリ)
  • 顧客情報管理:CRM

このようなITツールを適切に活用しながら上手に整理することで、スムーズな事業計画、商品・サービス企画が実現するかどうかに深くかかわってきます。

ですから全体を設計して、けん引するのは経営者の仕事です
一方、デジタルツールの選定、構築、運用、保守などは、業務担当者やIT担当者が担うことになります。

情報システムの企画、構築、運用、保守

続いて情報システムについてです。
「情報システム」とは現場で利用されるシステムです。
業界・業種ごとの特性が出てきます。例えば、

  • 小売業であればPOSや販売管理システム
  • 製造業であれば生産管理システム
  • 経理であれば会計システム

というように、現場の要望が色濃く出てくるシステムです。

「情報システム」とは別に、パソコンやスマホ、インターネット・Wi-Fi環境のように、情報システムを利用する前提となるのが「ITインフラ」です。ITインフラは業界・業種の差はほとんどありません。

したがって、情シス(IT)担当者が主体となるのではなく、主体は現場です
現場が最も目的にかなったITツール・システムを選定し、導入・利用していくことになります。

一方、情シス(IT)担当者は、現場のサポート役となります。
現場だけですと、どうしても部分最適な選択をされてしまいがちだからです。

営業部門は使いやすいけれども、会計ソフトとの連携が全くない。
そんなツールを選んでしまうと、経理に負担をかけてしまうかもしれません。
あるいは、今のITインフラだと使いにくいシステムかもしれません。

そのような部分最適をさけるために全社的なITシステムの視点、全体最適な視点を持って現場をサポートするのが、情シス(IT)担当者の役割になります。

業務プロセス改善以降は、次回の記事に続けます。

まとめ
  • 情シス(IT)の仕事は、経営者・現場・IT担当者の組み合わせで対応する
  • 事業計画、商品・サービス企画は、経営者が主担当
  • 情報システムは、現場が主担当



【編集後記】
2015年4月1日に独立しましたので、今日で独立してから丸5年が経ちました。
速いように感じますが、まだまだ変化が足りていないと感じます。


メルマガ『経営は100種競技!』を毎日配信しています。
マーケティングやITを身につけたい。
ビジネスを楽しみたい。
変化・成長したいというビジネスパーソンにお読みいただいています。