仕事術

私が予定を詰め込み過ぎない理由

フリーランスとして、どの程度、仕事を入れるか?は働き方に直結します。
私は周りを拝見していて、大きく2つのタイプに分かれるように感じています。

<スポンサードリンク>



フリーランス2つのタイプ

2つのタイプとは、

  • とにかく予定を詰め込む
  • 予定にゆとりを持たせる

のどちらかです。
今の私は、間違いなく後者です。(理由は後ほど・・)

前者は、「もう3月まで予定いっぱいです!」みたいな人。
たまたま、私の周りで最近、こんなコメントを何件か見かけました。

予定を詰め込むメリットを私なりに考えると

  • 売上が最大化する
  • それによって安心できる
  • 「自分は売れてます!」アピールができる
  • 仕事が趣味だと、ずっと仕事できて嬉しい

辺りかなぁ~と思います。
少なくとも独立直後の私は、売上が得られること、それによって安心できる効果は、非常に大きなものでした。

予定を詰め込み過ぎない理由

今の私は、予定を詰め込み過ぎないようにしています。
独立当初は、予定に空白があると不安で、つい予定を入れてしまいました。
しかし、それで痛い目に遭ったのです。

ちょうど予定が詰まっていたとき、父が他界しました。

企業研修やセミナーが多く、穴をあけるわけにはいかない。
コロナ前でしたから、出張が頻繁に入っていました。
(記録を確認したら、京都・札幌などに行っていました。さらに県内・都内でも登壇。)

一方で、葬儀の準備をしたり、(父の遺言にしがたって)お墓を建て直したり。

(葬儀会場のお寺)

本当に忙しい(=心を亡くす)2ヶ月間ほどを何とか乗り越えた新年、40℃の熱を出して寝込むことになりました。
どう考えても過労です。
コンサルティングの予定を延期させて頂くなど、お客様にもご迷惑をおかけしてしまいました。

当時、予定にある程度の余裕を持っていたつもりでした。
それでも、(私の場合は)もっとゆとりを持った方がいい、と確信したのです。

予定にゆとりがあるメリット

そんなわけで、何らかの理由がない限り、予定にゆとりを持つようにしています。
基本的にお客様とのアポイントは 1日4時間(コンサル2回)を上限に。
ただ、終日の企業研修などはあるので、翌日を丸々空けるなどして調整しています。

結果的に様々なメリットを感じています。

チャンスを逃さない

1つ目はチャンスを逃さないことです。

人と会う機会や、出たいセミナーやイベントを逃さずに済みます。
会社員時代、出たいセミナーがあるのに、いつも仕事(平日の日中)でタイミングが合わず、歯がゆい思いをしてきました。
独立してから、ある程度の融通は利くようになりましたが、それでも予定が詰まっていたらチャンスを逃してしまいます。

インプットの時間を確保できる

2つ目は重要なインプットの時間を確保できることです。

昨年、ある仕事のご依頼を頂いたのですが、スケジュールにある程度のゆとりを持っていたため、チャレンジすることができました。

新しい仕事に挑戦するには、学びの時間も重要です。
本を読んだり、資格を取ったり、コンテンツを整備したり。
そういうインプットがなければ、知識労働者として陳腐化していってしまいます。

特にコンサルティングや研修を行うものとして、自ら学ぶ姿勢は非常に重要です。
そのためにも、一定の時間を確保しておくことが必要です。

※余談
昨日、数学の勉強をしていたら息子がのぞき込んできて、興味を示していました。
ややこしい(高校数学レベル)数式が並んでいたので、「うわぁ~」と言って居なくなりましたが(笑)
親として、そういう姿勢を見せることも大事でしょう。

プライベートが充実する

3つ目はプライベート。

時間にゆとりがあれば、プライベートも充実します。
子どもが小さいときには育児に深く関われます。
運動会・発表会などのイベントにも行けます。
(コロナで運動会に行けなくなりましたが・・写真やビデオだけ見ても、全然面白くありません)

私の場合はトライアスロンや合気道をやりますので、その時間も取れます。
家事を行うことで、家庭も円満。
(うちの妻はもっとやれ、と思っているでしょうが・・汗)

仕事にゆとりを持たせるためには

とは言え、単に仕事を減らすだけでは収入が減ってしまいます。
私は以下2点を意識しています。

そもそも売上拡大を目指さない

売上・利益は、事業や生活を継続するための条件に過ぎません。
「常に拡大し続けなければならない」というわけではありません。

私が次に売上拡大を目指すときが来たとしたら、それは何らか明確な目的ができたときでしょう。
何かに投資する、新規事業を立ち上げる、買収する・・etc
少なくとも今は、そういう大きなお金を必要としていないので、現状+αくらいの売上で良いと思っています。

単価を大切にする

予定を詰め込み過ぎないので、その分、単価は高く設定しておかないと、生きていけません。
ですから、自分の仕事の単価はいつも意識しています。

一方、チャレンジしたい仕事はありますので、バランスは大切です。
どんな仕事でも自分が設定した単価に固執するわけではありません。
(単価だけ考えていたら、コスパの悪いブログなんて書きません・・笑)

まとめ
  • フリーランスには、予定を詰め込み過ぎるタイプと、ゆとりを持つタイプがいる
  • ゆとりを持たないと急なイベントが起きたときに詰む
  • ゆとりを持つと、様々なメリットがある



【編集後記】
とは言え、ゆとりがあり過ぎると人間サボるのが、難しいところなのです(笑)


メルマガ『経営は100種競技!』を毎日配信しています。
マーケティングやITを身につけたい。
ビジネスを楽しみたい。
変化・成長したいというビジネスパーソンにお読みいただいています。

渋屋 隆一
プロフィール
マーケティングとIT、そしてデータを使った「売れ続ける仕組みづくり」「業務改善」が得意。コンサルティングや研修・セミナーで中小企業の経営支援をしています。元IT企業でエンジニア→マーケティング。中小企業診断士。
\ Follow me /