商品・サービス企画

商品・サービス企画が面白すぎる3つの理由

「商品・サービス企画が面白い!」
勝手に確信している今日この頃です。
(経営を支援する中小企業診断士が身につけても、面白いスキルだと感じています。)

<スポンサードリンク>



自分が生み出したものが、世の中に出ていく楽しさ

商品・サービス企画に携わると、自分が生み出したものが世の中に出ていく経験ができます。

自分のこだわりが反映されていたり、世にリリースするまでに様々な苦労をしていたりすればするほど、お客様の反応を見たときの喜びも大きくなるものです。

企画の成功率はどれくらいでしょうか?
リリースされるまでで、1〜2割。
利益を出せる商品・サービスとなると、更にその半分以下、という感じではないでしょうか。

変化の時代に求められるスキル

企画のスキルは、ますます強く求められるようになってきています。
世の中の変化のスピードが上がっているからです。

同じ商品・サービスが生き残り続けるのが厳しい時代になっています。
顧客ニーズの変化に合わせて、商品をバージョンアップさせたり、あるいは全く別の商品・サービスをリリースしなければなりません。

そのためアイデアを出し、形として世に出していくスキルは、経営者が喉から手が出るほど欲しいものです。そのためか、このテーマに関する研修やコンサルティングの依頼が続いています。

<スポンサードリンク>



商品・サービス企画は、ビジネスの総合格闘技である

最近は「プロダクトマネージャー」という職種に注目が集まっています。
商品・サービスを企画し、形にして、責任を持つ仕事です。

新人がいきなりなれるような、簡単な仕事ではありません。

  • 顧客のニーズを把握し、新商品・サービスのコンセプトを固める
  • テクノロジーを中心とした、世の中の変化を把握する
  • 商品・サービスを組織で開発して、形にする
  • リリースして、顧客に販売する

これらの総合的なスキルが求められるからです。
その裏には、以下のような職種のスキルが活かされています。

  • マーケティング
  • エンジニア
  • デザイナー
  • プロジェクトマネジメント

私個人的にはデザイナースキルが皆無なので、企業の支援をしていて、いつも苦労するところです。かなり小さな商品・サービスでも、こうした総合格闘技的なスキルが必要になるので、商品企画に携わると、実力が確実についていきます
当然、採算を取らないといけませんので、会計の基礎も必要です。

なお、IT企業で商品企画をするなら、ITトレンドの把握は必須です。
DX(デジタルトランスフォーメーション)、IoT、AI(人工知能)、クラウドなどの技術を知るだけでなく、アジャイル、DevOps、ITILの思想も理解しておくと良いでしょう。

スモールビジネスにおいても、こうした総合力を持つプロダクトマネージャーが求められています。目指してみてはいかがでしょうか?
元々、守備範囲の広い中小企業診断士が身につけると、面白いスキルであると感じています。

まとめ
  • 企画したものが、世の中に出ていく面白さ
  • 変化に時代に追随するスキル
  • ビジネスの総合格闘技のように、あらゆるスキルが磨かれる

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メルマガ『経営は100種競技!』を毎日配信しています。
マーケティングやITを身につけたい。
ビジネスを楽しみたい。
変化・成長したいというビジネスパーソンにお読みいただいています。