IT・システム全般

IT企業は、まずは自社のDXに取り組むべし

ITを専門にしているIT企業。
他の業界からは、「社内の業務は、きっと完全にデジタル化されているのだろうな」と考えられています。
しかしぶっちゃけ、多くのIT企業はアナログだらけです。
IT企業は顧客にデジタル化を提案する前に、まずは自社を徹底的にデジタル化するべきです。

<スポンサードリンク>



えっ、IT企業なのにそんなことやってるの?

IT企業にも関わらず、明らかにおかしな光景に出くわすことがあります。
端的に言えば、IT企業がITを使いこなせていないのです。

  • Web会議ができない
  • パスワード付きZIPファイルのメールを送ってくる
    (いわゆるPPAPです。ちなみにパスワード付きZIPは、何の安全性もありません。)
  • クラウド接続禁止
  • 社内業務が紙だらけ
  • 社内業務がExcelでコピペの繰り返し
  • パソコンは社外持ち出し禁止
  • 1つの部屋に集まって開発

何でこんな状態になってしまっているのか?
色んな企業に質問したことがありますが、「セキュリティが・・」「顧客の要望で・・」など一辺倒な回答ばかりで、納得する答えを得られたことはありませんでした。

より正確に書くと、自社の得意領域以外はザルな会社が多いです。
営業・マーケティング分野に強い会社は、バックオフィス(経理や人事など)がアナログです。逆もしかり。
業務系ITに強い会社のホームページは古臭かったり。

今回の新型コロナをでは、すぐにテレワークに対応できたIT企業と、そうでないIT企業がありました。IT企業なのにテレワークできないなんて、太ったダイエットコーチ・英語が喋れない英語教師みたいなものではないでしょうか。

社内がこんな状態であるにも関わらず、お客様に「デジタルトランスフォーメーション(DX)」とか「IT活用」とか言っても、説得力がありません。
なぜなら、その効果を自分達自身が実感したことがないから

自社の業務を徹底的にデジタル化する

繰り返しになりますが、自社がデジタル化できていないにも関わらず、顧客に提案したところで全く説得力がありません。
まずは自社の業務、そしてビジネスモデルを徹底的にデジタル化すべきです。

IT企業も人が集まる組織ですから、色んな苦労が伴います。
私もIT企業に勤めていた頃、2011年頃からテレワークが推進されました。

しかし、人間が今までのやり方にこだわる力は相当なものです。
地方支社のお偉いさんからは「出張に来なくなった」などと、何度も文句を言われたものです。
全社的(当時2,000人規模くらい)にテレワークが浸透するには、3年近く掛かりました。

単に技術的な問題だけでなく、就業規則・給与制度からオフィスレイアウトに至るまで、様々な問題が勃発しました。

そういう経験をすべてネタにして、「うちはこうやっています!」とお客様に提案していたので、当時はかなり先進的でした。
こんな書籍も出して、あちこちでプロモーションもしました。
(その後、サイボウズさんが頑張って、一気に抜き去っていった感がありますが)

自社の経験をオープンにして、提案する

このように、まずは自社で経験する。
マーケティング・営業のようなフロント業務から、総務・人事というバックオフィス業務まで、完全にデジタル化しましょう。

業務全体をデジタル化するということは、社員全員がデジタル化に強くなるということです。1人残らず、対応しなければなりませんので。
単に営業とエンジニアだけがITの話をするのではなく、経理も人事も購買も、そして言うまでもなく経営者もデジタルに強くなるのです。

その経験で得られた効果・苦労したことをお客様に提案します。
例えば人事をデジタル化すれば、自社の人事担当者がお客様のところに行き、経験を語ります。
社内に居ることが多い人事担当が、営業活動をするのだから緊張します。
ですが、それがまたお客様に良い感じに伝わるのです。

お客様からの信頼につながりますし、「単にITサービスを提供してくれる会社」というポジションから抜け出すキッカケにもつながります。
リソースの限られたスモールビジネスにとって、自社全員が営業になり得るのもメリットです。

まとめ
  • IT企業は自社をIT化・デジタル化しない限り、説得力がない
  • むしろ遅れている企業も見受けられる
  • 自社で徹底的に使いこなし、その経験を顧客に提案すべき



【編集後記】
今日はマイナンバーカードの電子証明書の期限が近づいていたので、交換しに区役所へ。
小雨が降っていましたが、往復ランニングで。
季節の割に涼しくて、良いトレーニングができました。


メルマガ『経営は100種競技!』を毎日配信しています。
マーケティングやITを身につけたい。
ビジネスを楽しみたい。
変化・成長したいというビジネスパーソンにお読みいただいています。

渋屋 隆一
プロフィール
マーケティングとIT、そしてデータを使った「売れ続ける仕組みづくり」「業務改善」が得意。コンサルティングや研修・セミナーで中小企業の経営支援をしています。元IT企業でエンジニア→マーケティング。中小企業診断士。
\ Follow me /